SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

その朝、僕は「じいさんが死んだ」と叩き起こされた

10年前の7月24日、僕はなぜか空の写真を撮っていた。次の日が部活(写真部)だから、今週そんなに撮れ高ないしこの写真持っていくかー、というノリで撮ったのだろう。ベランダで布団を干しながら、構図や露出のことなんてなにひとつ考えずに買ってもらったば…

京都に、夏がやってきた

その日、朝から続いた会議が13時半に終わって、いそいそと地下鉄に吸い込まれると、すでに目の前に浴衣姿の女の子が鎮座している。今日は祇園祭の宵山。駅に停まるごとに、これから街を闊歩するんだろうなあと思しき人たちが乗り込んでくる。かくいう僕もそ…

本を買うようになった

以前から尊敬している植松努さんの本を最近よく買っているのだけど、そこに「お金があったら本を買いなさい」という一節があった。 お金はくだらないよ。 一晩で価値が変わることがあるからね。 だからお金があったら、貯金なんかしないで、本を買いなさい。…

26歳

ゴールデンウィーク前だったか、博多大吉先生の『年齢学序説』という本を読んだ。年齢学序説 (幻冬舎よしもと文庫)作者: 博多大吉出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2014/01/16メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る軽いネタバレになってしまうのだ…

だから僕は明日も千葉ロッテマリーンズを応援する

うちの教室では、よく先週の授業で立てた1週間の計画や予定を振り返る時間を取っている。そのとき、少々無茶な予定を立てたせいで計画を完了できない生徒が、できなかったことや失敗した事実をただひたすら、つらつらと書くことがある。もちろん、それらを内…

チンピラ先生だった土橋先生(仮)の思い出

忘れられない先生がいる。仮に土橋先生という名前にしておこう。土橋先生は通っていた高校の生徒指導担当教師である。ちなみに僕は不登校上がりで入学したこの高校を2ヶ月で退学しているのだが、その要因の30%くらいをこの土橋先生が占めている。この高校の…

海鮮!さわやか!浜名湖の夕日!―2017春・「しょんない」が呼ぶ静岡

ちょっと気になる展示会があったので、あまった18きっぷで日曜日は静岡へ。11時過ぎに静岡駅に着き、とりあえず昼メシだ、とせかせか歩いて新静岡セノバに向かう。さっさとエスカレーターを上り、目的の店「さわやか」にたどり着くと・・・ぎゃああああ、店…

2017春・うどん県右往左往【観光編】

前回からの続き。高松からは一気に香川の最西端、観音寺という町を目指す。時間帯によれば高松駅から乗り換えなしで移動できるらしいのだが、途中2度ほど乗り換える羽目に。15分乗って乗り換え、を何度も繰り返すのは、満腹で睡魔が襲う身としては非常に辛い…

2017春・うどん県右往左往【うどん編】

春休みらしきものが急にぽっかりできたので、急遽ふらっと遠出することにした。行きたいところがわんさか出てきたけど、なんだかんだで細かい仕事が入って泊まりがけが厳しくなったので、久しぶりに香川でうどん屋をハシゴしまくることに。家を片付けてたら…

ストレングスファインダーをやってみた

1度やっておかなきゃなー、と思いながら約7年。とうとうこの本を手にするときが来た。さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発…

4年ぶりにイスラエルの野球を観た

あのイスラエルが、韓国に勝ちそうだ。WBCのオープニングゲームがソウルで繰り広げられた月曜の夜。帰路の電車でその一報が入ってきたとき、僕は「まじかよ」と思わず声に出してしまった。だいたい、オランダ・韓国・チャイニーズタイペイと並んでイスラエル…

僕は甘党なのか

26年間生きてきて初めて言われていることがある。どうやら僕は世間一般で言う甘党の部類に入るらしい。しかし僕には自覚がない。確かに、コーヒーには基本的にミルクと砂糖を両方入れる*1し、週に2本はMATCHを飲んでいる。それでいてチーズケーキやフルーツ…

カギは、阪神から来たあの男。【2017観戦記#1 3/8vs阪神(オープン戦)】

今年もプロ野球の季節がやってきた!2017年の私的オープニングゲームは甲子園球場にて。とりあえず絶対に負けたくない阪神との一戦。応援団がレフトスタンド最上段の端っこに陣取ったために、民族大移動のごとくその周囲を固めるロッテファン。あの阪神ファ…

プレミアムフライデー、そのとき僕は

毎月最後の金曜日は15時で仕事を上がろう、みたいな取り組みが始まったらしい。らしい、というのは、僕は会社勤めをしているわけではないので、その「プレミアムフライデー」とやらができても何ひとつ恩恵がないからだ。だけどプレミアムフライデー、プレミ…

各駅停車にのって

もったいないなあ、と思っていた。よく電車に乗る。仕事先や用事先はまあまあ遠いので、だいたい出かけると30分~1時間は電車に揺られている。これまでならそそくさとiPhone(またはiPad)を取り出し、たとえばFacebookであったり、Twitterであったり、Yahoo…

やっぱり、ちゃんと「ナナメの関係」を目指したい

秋ぐらいから、仕事でよく中学生や高校生と関わっている。前の日曜日は、以前高校生80人と2泊3日合宿した「全国高校生マイプロジェクト」(以下マイプロ)の発表会にスタッフとして参加してきた。会場は合宿と同じ大東市だったので、そのとき以来に降り立つ…

葬式における「家族を大事にしてあげてね」という声かけについて

この間雪で仕事が急に休みになって、ベッドで寝転がりながらTwitterを眺めてるとこんなツイートが目についた。身近な人を亡くした人に「誰誰のためにしっかりしろ」みたいなことをいうのって、それを支えに生きろみたいな励ましの言葉なのかもしれないんだけ…

えっ?おでんにうどん入れるのって普通じゃないの?

お題「これって私だけ?」 うちの教室の生徒とスタッフで、おでんの話題になったときのこと。「そういえばさ、みんなおでんってごはんのおかずになる?」全然いける!とうなずく生徒もいれば、「おれはアカンなー」という生徒もいる。僕もおでんはご飯のおか…

はじめてのろうりゅ

ありがたいことに来月、2件ほど講演のオファーをいただいた。ひとつは不登校の子を持つ親の会での講演なのでターゲットや届けたい話もある程度絞ってお話しできるのだが、もうひとつがいわゆる市民講座のようなもので、このテーマならなんでも大丈夫です、と…

不登校の誤解を解くために―今週のお題「2017年にやりたいこと」

今週のお題「2017年にやりたいこと」 レッドスター欲しさに今週のお題に駆け込む。どうでもいいが、さっきから ♪走れレッドスター赤星 チャンス切りー開けー と阪神の赤星の応援歌が頭から離れない。さて昨年、ちょくちょくと講演のお仕事をさせてもらうこと…

フォーエバー、天神「ひらお」

「天ぷらのひらお」が好きだ。「天ぷらのひらお」というのは福岡市内に数店舗構えているチェーン店で、とにかく天ぷら(上記写真)がうまい、テーブルに常備されている無料で食べ放題のイカの塩辛がまた絶品、それでいて1000円でおつりがくる安さ、という、…

父とハーゲンダッツ

今年の正月は父が亡くなり喪中ということもあって、おせちも注文せず少しのカマボコとオードブル、あと大量の餅で過ごすことになった。僕は頭がついたエビが大好物なのだけど、それも食べられないと思うと仕方がないが非常に寂しいものがある。そして、毎年1…

2016年、こわれたもの

前回のエントリからすっかり1か月半も経ってしまった。そしてこのエントリは今、よりによって前のエントリで取り上げた伊藤ちゃんの戦力外通告ドキュメントを見ながら書いている。さて、もう2016年も24時間ほどとなってしまったのだが、今年は本当につらい1…

「伊藤義弘」という中継ぎエースのこと。

土曜日、朝早くから電車を乗り継いで甲子園球場に向かった。目的は、プロ野球12球団合同トライアウト。先日引退試合を観戦したサブローのように、引退のその瞬間に華々しく見送られる選手なんてほんの一握りしかいない。毎年10月1日から始まる戦力外通告期間…

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」 はてなブログ5周年誠におめでとうございます。お祝いもかねて、ギリギリのタイミングだが久々にテーマ投稿に乗っかってみようと思う。ペンとノートは正直、当たったらラッキ…

父の終活と人望がスゴすぎた

今日、父親の葬儀告別式が無事滞りなく終了した。亡くなった後、ああそういえばこれからこの後葬儀屋との交渉とかあるんだよなあ・・・と思っていたのだが、びっくりすることに父はこのあたりの準備をしっかり整えていた。葬儀会場に着いて、担当者が「この…

父親が死んだ

夏、祇園祭の季節。居間のテレビで流れていた神宮球場でのヤクルト×阪神戦。阪神の江越が、2球続けてストライクが来た後の3球目、明らかなボール球に手を出して空振り三振する。「今の、どう考えても1球外してくるのにそこ振るか?」 「江越はいっつもそうや…

無一文、のち、誕生日サプライズ

昨日は滋賀で仕事先の団体のミーティングだった。京都駅のJRの改札でICOCAをかざすと残高は130円。そういえばこの間仕事で大阪の堺市に行ったときにチャージした分をほぼ使い果たしてたことを失念していた。こりゃあ着いたら乗り越し精算機に直行しなきゃな…

高校生と一緒に見つけた「やりたいこと」―「関西カイギ」スタッフ奮闘記

「雨」の天気予報が大きく外れた秋の青空の下、マイクロバスは山をどんどん上っていく。気付けば僕が座る席の窓からきれいな大阪平野が見渡せて、まるで小学生の遠足のような歓声が上がった。あれがハルカスですかねー、なんていう話をしているうちに、バス…

さらば、永遠のマイ・ヒーロー【2016観戦記特別篇 サブロー引退試合:後編】

(前編からのつづき)9回裏は3番角中からの打順。確かにこの日の角中は、なんとかして次のサブローさんに繋ぎたいという思いが空回りしてか「らしくない」2併殺だった。角中が併殺打を打つたびに球場全体から大きなため息が漏れていたのも、事実だった。そん…

「こんな私」を愛せた僕は、幸せ者。【2016観戦記特別篇 サブロー引退試合:前編】

世の中のプロ野球選手は、大きく二分化することができる。華々しくキャリアに幕を下ろすか、ひっそりとキャリアに幕を下ろすか。あらゆる人々に愛され、親しまれ、大々的な引退セレモニーで幕を下ろす選手なんて、ほんの一握りしかいない。ある秋の日に呼び…

サブロー、現役最後の試合を諦めきれなくて。

「うわ、マジかよ」喉から手が出るほど欲しかったプラチナチケット。「下記のチケットのご予約が完了しました」というメールが届いた瞬間の僕は、自分でも驚くくらい冷静だった。鳥の鳴き声が外から聞こえる朝の部屋でしみじみと、チケットを入手した喜びに…

待っていたんだ、その戦う姿を。―サブロー引退に寄せて

昨日の夕方、衝撃的でもあり、その一方でほぼ予測がついていたニュースが流れて来た。サブロー、引退。僕が千葉ロッテマリーンズを応援し始めて、この秋でちょうど11年が経つ。この秋で11年、という年月でピンと来た人も多いとは思うが、2005年のプレーオフ*…

さよなら、カイリュー。

まあまあな勢いでポケモンGOにハマっている。さすがにポケモンGOのためだけに遠出することはないが、移動のついでに足を伸ばしてどこかの公園でハンティングすることはザラにある。ポケストップのために遠回りするのは日常茶飯事。最近は家にいるときでも物…

夏休み明け、学校に行きたくない子どもたちへ。

気が付けば、来週はもう9月である。もしかしたら、もう既に夏休みが終わって2学期が始まっている学校もあるかもしれない。そういえばこの間駅の電光掲示板でどっかの学校の2学期が始まった、なんてニュースを見かけた。夏休みと言うのは思っている以上に短い…

どうした、涌井・・・。【2016観戦記#6 8/7vsオリックス】

この夏、関西のロッテファンにとってはものすごくドタバタな日程が組まれていた。7月26日に大阪、27日・28日に神戸で試合を消化したロッテ。29日から千葉で6試合戦った後、再びビジターでの試合になった8月5日からどういう訳かまた大阪での3連戦になった。つ…

初勝利ばかり観る神戸、今回も。【2016観戦記#5 7/27vsオリックス】

いまさらのように先月末に見た野球の試合について書いてみる。関西に住んでいながら、ここ数年とんと縁がない球場がひとつあった。それがほっともっとフィールド神戸。確かにうちから2時間半は見積もっておかないとキツい球場なのだが、なんかタイミングが合…

それでも僕が零票確認を狙いに行く3つの理由

ずいぶん前の話だが、2週間半前に参議院選挙があった。もちろん投票に行ったのだが、当たり前のように6時20分過ぎには投票所で待機していた。しかもその日は朝まで出町柳のあたりで遊んでいて、始発で帰宅して投票ハガキだけ手にして再び外出するという大慌…

祇園祭宵山限定「しみだれ豚まん」が、ついに今年・・・!

毎年この時期に決まって書いている、この記事。明日が山鉾巡行、今日が宵山と言うことで、祇園祭の祭事がちょうどハイライトを迎えている今の京都。そんな祇園祭の真ん中、室町通と錦小路通の交差点あたりにある霰天神山の前にある中華料理屋で、祇園祭の宵…

京都、朝帰りの愉しみ

京都に生まれ育った人間だが、こういう京都の楽しみ方もあったんだなあと思った先週。三条あたりで朝までわいわいして抜け出したのが朝の5時半。この時期の朝5時半ともなればすっかり明るく、しかもじりじりとのぼる太陽がやけに熱い。ふと見上げれば梅雨時…

岐阜の思い出と新スポットをめぐる6時間

前の記事でも触れたが、僕は大学4年間とおまけで1年少しの計5年ちょっと、岐阜に住んでいた。5年も住んでいれば結構な愛着もあるし、思い出の場所と言うのもそこそこあるのだが、2年前に京都に戻ってからはなかなか岐阜に行けず、行くことがあってもイベント…

遠い夜空にこだまする「岐阜マリーンズ」【2016観戦記#4 6/14vs中日】

話は、半年ほど前にさかのぼる。例年レギュラーシーズンより先に出される次年度の交流戦日程。2015年の中日×ロッテは千葉で3つ行われ、その年引退した中日の和田一浩が2000本安打を達成したメモリアルなカードになった。そして2016年は変わって中日のホーム…

近鉄特急で修学旅行生の勘違いを救った話

特別お題「心温まるマナーの話」by JR西日本 全然JR西日本での話じゃないんだけど、思い出したことがひとつあったのでとりあえず書いてみる。 それは10年くらい前のこと 当時高校生だった僕は、その日朝に京都に寄った後そのまま奈良へ向かう予定があった。…

プロ野球オールスターゲームのファン投票に頭を悩ませてみる・2016

今年もこの季節がやってきた。プロ野球オールスターゲームのファン投票!今やログインすればネットで24時間いつでもどこでも好きな選手に投票できるのだが、僕はなんかそれが味気ないと感じるので、サークルKサンクスで貰える投票用紙を1枚回収して、ノミネ…

京都鉄道博物館で運転シミュレータに(色んな意味で)手こずる

お誘いをもらったので、今日は昼から京都鉄道博物館に行ってきた。もとは梅小路蒸気機関車館だったところに、弁天町駅の横にあった交通科学博物館が閉館して半ば合併のような形で新しくできた鉄道博物館。落ち着いたら行こう落ち着いたら行こうと思っていた…

「見て!今日食べたハンバーグ!」に対する最適解が分からない

恐らく僕はコミュ障なのだろうと思う。人と関わる仕事をしているし、もしかすると今後人事に関わる面も担当することになるかもしれないのだが、多人数の会話から浮くことがよくある。例えば7人ぐらいで歩いているとして、2人ずつで歩きながら会話していると…

ルーキー関谷、エースへの第一歩。【2016観戦記#3 5/21vsオリックス】

4月の今季初ビジター以来、ロッテが関西にやってきた。関西開幕シリーズは欠席したが、今回は土曜日のみ参戦することになった。と、気になるのが先発投手。先週は5試合だったので石川・二木・涌井・スタンリッジ・唐川で回せたが、今週は6試合。しかも開幕か…

「その選択による結末を最終的に引き受けるのは誰?」という野球の観方

最近話題の「アドラー心理学」に、課題の分離という考え方がある。例えばここに勉強しない子どもがいたとする。そんな子どもに、親が「早く勉強しなさい」と言ったところで、勉強するのは親ではない。子どもである。同様に、働かない友人に「お前、とっとと…

熊本を「食べて応援する」ということ

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 仕事を片付けて、40分バスに揺られて京都駅に降り立つころには、寝不足と疲れのせいか久々に酷いバス酔いに見舞われてグロッキー状態だった。どうせ家帰ってもやることあるし、と早々に帰宅しようと京都駅の伊勢丹の前…

銭湯を出て鴨川の川風を浴びる贅沢。―「サウナの梅湯」に行ってきました

家の風呂が工事でしばらく使えないことになった。で、夜に京都市内で打ち合わせがあった火曜日、風呂どうするかなーと思案していたところに、そういえば打ち合わせ先のすぐ近くに以前からずっと気になっていた銭湯があったのを思い出し、そこでひとっ風呂浴…