SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2013-12-07から1日間の記事一覧

ひとが突然死ぬと言う事は、想像以上に悲しい事である。

この時期になると思いだす、3年前の冬。 その電話が無ければ何事もなく12月最初の日曜日が終わるはずだった。 夕方、ベッドに置いていた携帯がブーン、ブーンと鳴った。画面に表示されていたのは「父」の一文字。 実家からの連絡はだいたい母から来るので、…