SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2016-05-15から1日間の記事一覧

「その選択による結末を最終的に引き受けるのは誰?」という野球の観方

最近話題の「アドラー心理学」に、課題の分離という考え方がある。例えばここに勉強しない子どもがいたとする。そんな子どもに、親が「早く勉強しなさい」と言ったところで、勉強するのは親ではない。子どもである。同様に、働かない友人に「お前、とっとと…