読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

FxCameraのフィルターが凄い件

昨年4月のリリース以降、Androidでの画像加工はすっかりInstagramメインになってしまった。
しかも最近じゃ投稿場所をタグ付けできる機能が強化されたから、尚更に。
 
と思ってたら、昔メインで使ってたFxCameraに面白いフィルターを見つけた。それがこれ。

f:id:superexp221:20130730060413j:plain

画像の特定の部分だけ着色して、あとの部分を白黒っぽくしてしまうフィルター。
こういうの、正式名称を知らないのだが、これがなかなか面白い写真になる。
そういえば正月の記事に載せたマルセイバターサンドの写真もこれで撮ったものだ。

f:id:superexp221:20130730060336j:plain

たとえばこの写真では赤だけ残す設定にしているのだが、

f:id:superexp221:20130730060323j:plain

緑だけ残す設定にするとこの通り。しかしこれはちょっとおーいお茶のラベルが色濃く出すぎてるな。
(ちなみにおーいお茶はこのためだけに買った)
 
この他にも青だけ残す設定にもできるので、ちょいと実験。

f:id:superexp221:20130730060415j:plain

名鉄岐阜駅の改札を出てすぐの風景(無加工)。これにさっきのフィルターを使ってみる。

f:id:superexp221:20130730060426j:plain

まずは赤だけ残した場合。「大原」の文字、道路を走るバス、すべての赤が色濃く残ってる。
よく見ると壁の「ect」の文字もばっちり赤く、あと暖色系の色もそれなりに色が出ている。

f:id:superexp221:20130730060423j:plain

次に緑。太陽光のせいかちょっと変な色合いになってしまったが、左側のバスの緑がばっちり。
よく見ると、大原の看板の校舎のCGにある木の緑まで再現されてる。芸が細かい。

f:id:superexp221:20130730060342j:plain

一番面白かったのは青だった。大原の看板の下、「ようこそ岐阜市へ」の看板の左がえらく青い。
よくみたら青空の岐阜城の写真だった。こんなピンポイントで鮮やかな青が出るとは。
 
と、まあ、1時間ほどこのフィルターで遊んでみたけど、実は案外特定の色残しても自然で、

f:id:superexp221:20130730060407j:plain

この写真も赤だけ強調するフィルター使ってるけど、逆光でそんなにまわり白黒に見えないっていう。
 
これはまだまだいろんな被写体で試す価値があるフィルターである。しばらくこれで遊べるな。

広告を非表示にする