読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

「京都あるある」が凄く当てはまる件

diary kyoto

NAVERまとめの「京都あるある」を集めたものがすごく面白かったので突っ込みたいと思う。

四つ葉タクシーを探す

のっけからいきなり共感してしまった。ヤサカタクシー見るとほんと四つ葉じゃないかと思うもん。

f:id:superexp221:20130730061103j:plain

ちなみに去年、今のところ人生ただ一度きりの四つ葉タクシー遭遇を果たした。京都ヨドバシ前。

京都市以外は京都じゃない

ぼくの出身は京都駅から電車で20分ほど揺られた城陽市である。
で、同居していた祖母が俳句をしていて、句会がある度に京都市内へ出向いていたのだが、
 
「おばあちゃん、明日京都行ってくるさかいにな」
 
と当たり前のように使ってるのを見ると、城陽はもちろん京都じゃないんだな、と思う。
(ところが確かうちの祖母は愛知で生まれてるはずなんだよな・・・)
 
・・・ちなみにぼくはだいたい「市内へ出る」と言ってましたが。

「長い」と言えば京都銀行

ぼくはおでんバージョンが好きなんだけど、見つからなかったので大根バージョンでお茶を濁す。

市バスの時刻表が適当すぎる

あんなもん、信用しちゃあいけません。四条通で同じ番号のバスが2連続で来るのは日常茶飯事。
昔、20分に1本のバスが四条河原町で2台連続で来たときはさすがに閉口したわ。

観光シーズンは観光客との対決

ぼくは高校時代、JR奈良線という電車で通学していたが、途中に東福寺と言う駅を通る。
ここがまた紅葉の名所で、人が殺到するがために秋になると電車が3~4分遅れる。
地下鉄も満員だ市バスも満員だし、正直辟易するのもこの季節だ。
 
あと、観光シーズンの206番の市バスは、極力乗りたくない。

観光地で見かける舞妓さんは実際の舞妓じゃない

ちなみに本物の舞妓さんはたぶん見かけたことない。

市外に出ると道がまっすぐじゃないのが不安になる

岐阜に越してきて4年だが、未だに長良橋通りが途中数回曲がるのがほんとに解せない。

f:id:superexp221:20130730061058j:plain

同じ通りがこれくらいまっすぐだと安心してしまうんだよなあ。

雛祭りの給食は三色ゼリー

・・・これ、京都だけなの!?(本気で知らなかったらしい)

老いも若きも善人も悪人も敬語を使う

「○○くん、今日のマラソン大会で1位とらはってん」
「先生来はった!!」
「え、あのひと、死なはったん!」
「なんかあの人、えらい太らはったなぁ・・・」
 
全部、微妙にニュアンスが違います。「○○しはる」の便利さは異常。
「先生来はった!!!」は小2ぐらいの朝休みの終わる間際くらいに毎朝叫んでたよーな。

若者が遊びに行くといえば河原町

意外と京都駅に遊び場がないのは紛れもない事実である。

「どすえ〜」なんていわない

岐阜に移り住んでからと言うもの、コレと「おこしやす」に関しては必ず突っ込まれます。
声を大にして言っときます。18年半京都に住んでたけど、1度も使った事ないです。
 
・・・一種の自己満足と化してる気もするが、大方ツッコんだのでまあまあ満足である。
「その他」でまとめてるところでは、「京女」といえば京都女子大学だし、道は上る下るで説明する。
でも、宇治東ICの近くにあるすき家も看板茶色いので、あれは市内だけじゃないぞ・・・。
 
この手のネタは「ご当地の踏み絵」と言うサイトでも詳しくあるので、比較するのもおもしろいかも。

広告を非表示にする