読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

卒業と同時に、2013年最大の奇跡

diary

ずいぶんと久しぶりのブログになってしまった。
 
昨日3月20日、4年間に及ぶ大学生生活にピリオドを打ち、無事卒業を迎えた。

f:id:superexp221:20130730025850j:plain

卒業証書の下に・・・なんで赤いPS3?
ちなみに実家は年末にPS3、しかもプロ野球スピリッツまで導入済。羨ましくなって買った・・・
訳じゃないんですこれが。とんでもないことが起こったんです。
 
野球で言うならもう、逆転サヨナラホームランを卒業間際にぶち込んだくらいの奇跡が。
 
それは卒業式が終わった後の謝恩会でのこと。
受付を済ませてこの中からくじ番号が書かれた紙を1枚持ってってください、と言われた。
 
その中に、大学4年間、嫌と言うほど書いてきたぼくの学籍番号の下3桁「119」番があった。
学籍番号がくじ番号って言うのはなんかありそうだな、と即決でこの番号の紙を手に取ることに。
 
そして本番。
友人や先生方が豪華景品をゲットしていく中、最後のひとつ前に登場したのがなんと、PS3。
 
沸き上がる会場。果たしてこれをGETできる幸運な人はだれか。
 
と、番号が読み上げられるが・・・あれ?出てこない。
仕方がないので2つ目の番号が読み上げられる・・・おろ、この番号の人もいないらしい。
さらに3つ目の番号も読み上げられるが・・・ええっ、またこの番号の人もいないの!!
 
場内がざわつく。さすが大物商品とだけあってじらすねぇ。
そして4つ目の番号が読み上げられたその瞬間、ぼくはとんでもない大声を張り上げてしまった。
 
「119番の方ー!」
 
・・・ひゃ、ひゃ、ひゃ、ひゃくじゅうきゅうって言ったよな、今?
 
「よっしゃあああ!俺やあああ!!!うおおおおお!!!!」
 
あとからそばにいた友人に聞くとぼくはぴょこんとジャンプして一目散にステージに上がったようだ。
友人が「写真撮ろうかー?」と声かけたらしいが、聞く耳持たずに、もうダーッと行ったらしい。
もちろん、周りの反応も覚えちゃいないし、叫んだ後の記憶すら一切ない。
次に気が付いた時は、壇上で自己紹介してた。そしてガクガク足震えながらPS3を受け取ってた。
 
PS3が入った紙袋を持って壇上から降りたら、一斉に友人たちに囲まれハイタッチの嵐。そして
「おれにくれー!」
「この商品と交換してー!」
とひたすら懇願された。もちろんすべてお断りである。
割と本気で盗まれそうで怖かったので、これ以降ずっと手元に紙袋置いてた。
 
いやー、しかし、年末に実家でPS3を導入して羨ましいなあと思ってたところに、こうなるとは。
まちがいなく、2013年の全ての運はここで使い果たした。
これから年越すまでびくびくしながら生きていこうと思う。
 
ちなみに、22年半生きてきて初めての、自分専用据え置き型ゲーム機である。

広告を非表示にする