SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2013観戦記#3 5/1vsオリックス

いろいろとたまってるんですが、ちょっと関西に戻ってきた。

f:id:superexp221:20130730015653j:plain

で、京セラドーム大阪いってきました。いよいよ待ちに待ったロッテ関西開幕戦。

f:id:superexp221:20130730015657j:plain

先発はただいま大売出し中の西野。対してオリックスは昨年のドライチ、松葉がプロ初登板。
ちなみにこの2人とぼく、同級生です。そんな投げ合いが観られる日がこんな早く来るとは。
 
てか、ある程度予想はしてたけど、左投手だからホワイトセルと岡田がいなーい。
岡田なんて去年 スタメン起用した勝率 >>> スタメン落ちした勝率 だったのにー。
そろそろ4番はホワイトセルできちっと固定してもいいんじゃないかなー。
今おれのプロスピ2012でホワイトセル、開幕1ヶ月で14本ホームラン打ったよー。
 
以上戯言。
 
さて試合は、予想外に投手戦となって進んでいく。6回終わっても両チーム無得点。
そして7回、オリックスはここまで割と球数が多かった松葉から岸田に代えてきた。
ここでかつての守護神出してくるのかよー、と落胆するロッテファン。
 
しかしこれがまた杞憂に終わるとは、野球はやっぱりおもしろい。
 
先頭の角中がうまいことレフト前に流し打ち、続く細谷がきっちり送りバント。
素晴らしい流れで大地に繋がり、センターオーバーのタイムリースリーベース!!
よーやく、よーやく欲しかった1点が入る。レフトスタンドはもう狂喜乱舞。
 
1点守って西野完封するかな?と思ったら8回裏、ランナー2塁にしたところで降板。仕方ないか。
盛大な拍手と西野コールで降板していく西野の後姿を見送り、さあ踏ん張ってくれルーキー松永。
 
・・・2アウト2塁3塁まで行くものの、こわいこわい糸井を空振り三振。これはしびれた!
 
そして1-0のまま、9回裏は益田。気づけば今日は関西国際大学の先輩後輩リレーに。
李大浩・後藤・バルディリスという、きっかり1年前の悪夢*1とほぼ同じ並びで同じ得点と言う展開。
しかし見事三者凡退に切って取った。でかした益田!だけどやっぱりバルディリスこえーよ。
 
ってことで。

f:id:superexp221:20130730015638j:plain

勝ったあああああああああああああ。1-0で勝った試合は初めて観たな。

f:id:superexp221:20130730015708j:plain

大地も松永もぜひヒロインで出てきてほしかったけど、今日はやっぱり西野だね!
 
2年前の夏、まだ育成だった頃の西野をジャイアンツ球場で観戦したけど、その時はひどかった。
3イニング投げて全部のイニングに失点。とどめの3ランもぶち込まれていた。
 
もうあの時の西野の姿はない、と今日確信した。そういえば、3勝目だからパスケースも発売か。
ちょっと買おうかどうか真剣に悩も。
 
席取りでお世話になったみなさん、本当にありがとうございました!!

*1:2012年5月1日の同じカードで薮田がバルディリスに2試合連続サヨナラホームラン許した試合。あの時も1-0の9回裏後藤・李大浩・バルディリスの並びだった。そしてあの時もぼくは京セラドームのレフト外野席にいた

広告を非表示にする