読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

警官介して、酔っ払いとの攻防戦。

金曜土曜と名古屋で3つのイベントをハシゴしてきた。
土曜の0時前に帰宅して、パソコンつけてたら、どうも途中コタツで寝落ちてしまってたらしい。
 
気が付いたら電気付けっ放し、いつも枕もとでかけてるラジオすらつけずに寝てた。
そして一気に目が覚めた。じんわり汗をかいてたのもそうだが、


おい!ぬぁんだこのバカヤローッ!

あぁん?ゴタゴタゴタゴタうるせぇんだよ!!!


と、アパートの外でものすんごい怒鳴り声が響いていたからである。
うちのアパートは建物の内部に廊下が内包されてるので、ちょっとした足音でもすっごい響く。
 
なので、明らかに酩酊したオッサンの声で再生されるこの怒鳴り声、大迷惑以上の何物でもない。
 
寝ぼけ頭で冷静に考える。時計の針は午前3時。
最初は放置するか・・・とも考えた。しかし時間帯が時間帯だし、叩き起こされて気分が悪い。
しかもオッサンの罵声は明らかにヤバい方向へ傾きつつある。他の住民も辟易してるはず。
 
ほとんど迷うことなく、かつ冷静にAndroidに手を伸ばし、緊急通報ボタンを押した。
こんなところでこのボタンが役立つ時が来るとは。
 
そして、

「こちら110番です、事件ですか?事故ですか?」
「あ、えっと、事件です、アパートで酔っ払いが叫んでまして、ものすごく迷惑してるんですが」
 
とキョドりながら完璧寝起きの声で通報をかます。その間にも


痛ぇっ!痛ぇっ!頭打った!痛ぇぇぇぇぇーっ!


とか叫ぶ酔っ払いオヤジ。いよいよこの声聞いてるのも限界になってきた。
(ぼくは街中でも自分に向けられてないものでも、怒鳴り声を聞くと一気に気分が滅入る人間です)
なんせAndroidで警官とやりとりしてる手がガッタガタ震えてる。
 
それとこんな話オヤジに聞かれてたら完璧矛先こっちに向くので、すごい小声で応答する。
こんな時に限って声を使いすぎていて声が出にくく、それが恨めしい。
 
「じゃ、いまから警官向かわせますのでー」
 
と言われた約7分後(この7分がまた長かった)、車の音と共に警官が来た!助かった!!
と同時に


おめぇらなんか呼んでねぇよ!救急車呼べよ!


と怒鳴り散らすオヤジ。うんそりゃ呼んでないだろうね。呼んだの俺だもん。
 
ちなみにこの後ほんとに救急車も来たのだが、オッサンは結局乗らなかったらしい。
 
とりあえず警官がその場を丸く収めてくれたらしく、ひとまず落ち着いた。
そしてどうもこのオッサンはうちのアパートの住人だったらしい。
ただ部屋に入ってからもバカヤロー!だの聞こえてくるので、暴れてるようなのは確かなのだが。
 
こりゃぁ夜が明けたら管理会社に事後報告せんとな。
 
というのを、オッサンのせいですっかり目がさえてしまったので、一気に書いてしまった(現在4時)。
まったく、この3連休の中日と言う日を元気に過ごせる気がしない。

広告を非表示にする