読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

湖水浴に行く京都府民。

theme

一度参加してみたかった、はてなブログの「今週のお題」。初めて参加してみる。

今週のお題「海」

実は子どもの頃、そんなに「海水浴」に連れて行ってもらった記憶がない。
いや、家族で海に行ったことはあるが、バーベキューだったりなんだったりで泳ぎ目的じゃない。
 
ぼくの出身は京都府の南部らへんである。
北部が日本海に面しているのに対し、海なし県・奈良県に面している南部は手軽に海水浴ができない。
かといって丹後や福井、神戸あたりへ海水浴に行こうとしても少し遠い・・・。
 
そこで京都、とりわけ南部の人間は、海水浴の代わりに琵琶湖へ行く。そう海水浴ならぬ湖水浴へ。
(もちろん、多少遠くても海へ足を延ばす人もかなり存在はしてますが)

f:id:superexp221:20130814141130j:plain
琵琶湖の写真がこんなんしかなかった。2008年元日撮影

京滋バイパスや名神高速を使えば、1時間そこそこで日本一大きな湖にたどり着く。
そこいらの海へ行くより手軽も手軽ってもんで、ぼくも子どもの頃から良く連れて行ってもらってた。
 
きれいかきたないか、と言われると、まちがいなく「きたない」。
もぐると目の前が茶色いし、頭を浮かべると木くずがからまったりもする。
だけども我が家の夏の定番行事といえば、この琵琶湖で泳ぐことだったのは間違いない。
そういう人って案外いるらしく、実際、琵琶湖岸にはいくつか水泳場なるビーチが整備されている。
 
まあ、そんな環境で育ったのもあって、未だに海を見ると結構テンションはあがる。
特に電車に乗ってて、不意に窓から海が見えた時は、もう、うおおおおー!って。

f:id:superexp221:20130814141409j:plain

だからかな、香川へ行くときに、瀬戸大橋通ると必ず車窓にカメラを向けるのは。

広告を非表示にする