読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

あとひとつ。

昨日の日本シリーズ。
牧田のホームラン、巨人のピッチャーが澤村から内海になったのは覚えてるが、その後の記憶が見事にない。
気が付いたら8回裏2アウト、バッターボックスに岡島がいた。ピッチャーも西村に代わっていた。
そして実況の声で、楽天もいつの間にか美馬から則本にピッチャーを代えたことを知った。
 
と、ブルペンに映像が切り替わると、平然と投げる背番号18。
 
・・・まじかよ。
 
ぼくはこの試合、前日160球投げてるから出てきたとしても9回2アウトからだろうと踏んでいた。
2011年日本一のソフトバンクが最終戦9回2アウトで攝津を送って日本一になった*1のも頭にあった。
ただ、9回頭から行かせるのはさすがに予想外だった。まあイニング途中の登板って物凄い難しいって言うけど。
 
岡島は割とあっけなく平凡なフライを打ち上げた。さあ9回表。ブルペン陣の拍手に送られる18番。
いつもは確かももクロの曲で出てくる18番が、FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」に乗せて出てくる*2
 
「則本に代わりまして、背番号18、タナカァァァァァー、マサヒロオオオオオオオ!!!!!」

今までの人類の歴史の中でこの曲、そしてこのサビのフレーズがここまでピッタリな瞬間があっただろうか。
自分は楽天ファンでもないし田中将大ファンでもないし、ファンモンもさほど聴かない。
が、この瞬間、そして自然発生的に広がる歌声に、ぼくは震えた。なんだよこれ。あとひとつ、名曲すぎ。
 
そしてこれ、また確実に売れ出すな、と思った。
実際9回2アウトになった瞬間頭の中でこの曲が止まらなくなったもんな。なんか久々に感動した。
 
・・・最終戦にそんなことを思った2013年の日本シリーズだった。
東北楽天ゴールデンイーグルス、初の日本一おめでとう。でも来年は絶対にウチが日本一。

f:id:superexp221:20131104222500j:plain

個人的には王手をかけた第5戦、ぼくと全く同じ生年月日の辛島が好投したのがうれしかったな。

*1:ただあれは攝津がそのシリーズ不調だったり、直前に守護神ファルケンボーグが負傷降板したっていうのもあったが

*2:後で知ったが、先発する時はももクロで、最後のイニングに登板する時はこの曲を使うことにしているらしい

広告を非表示にする