SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

ぼくがそれでも岐阜市に住み続ける7つの理由

今週のお題「僕の住む街・私の地元」

突然だが、ぼくは18年半京都府城陽市で暮らした後に、大学入学と同時に岐阜県岐阜市に越してきた。

f:id:superexp221:20140124001942j:plain

で、岐阜市で暮らして間もなく5年。大学を卒業してからも京都に帰らず居座り続けている。ちなみに現在籍を置いている教職課程の本部は京都にあったりするが、引っ越さなかった。まあ人付き合いとか色々あった上での残留だったのだが、それ以外にもこの地の住み良さも気に入ってのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000035-it_nlab-sci

今日Yahoo!でこんなトピックが話題になっていたので、折角なので書いてみたい。

1.自然環境が良い

岐阜駅からバスに乗って約15分。広がる景色は

f:id:superexp221:20130915015732j:plain

長良川、そして

f:id:superexp221:20140124000538j:plain

岐阜城がそびえる金華山都心部から自然が近いのも、ひとつ岐阜の良さであるといえる。温泉も近いのもまた良い。

f:id:superexp221:20140124000711j:plain

冬には雪景色も楽しめる。けどこの冬はまだ一度も積もってないのが少し気がかり。週末暖かいらしいしなあ。
 

2.電車の便はすこぶる良い

名古屋駅までJRの快速に乗れば20分450円*1名鉄も金券屋に行けば同じくらいかさらに安い値段で乗れる。JRの快速も名鉄の特急も15分に1本出てるので、名古屋方面に出るにはこの上なく便利。

しかも、名古屋駅発の終電も0時過ぎまである*2ので、遅くまで飲んでてもきちんと帰れる。

f:id:superexp221:20140124000938j:plain
ちなみに名鉄岐阜行きの終電は特急というものすごい仕様。

ただし、岐阜駅からさらにバスに乗ったりする場合はだいぶ終電が早くなるので要注意。行き先にもよるが、だいたい岐阜駅視点で23時にはバスが終わってしまう。岐阜駅から歩ける範囲に自宅がある分には良いんですけどね。

f:id:superexp221:20140124001134j:plain

また、実は京都までも意外と近くて、新幹線を使わなくても2時間1890円で行くことができる。電車で2時間は普段通いならしんどいけど、ちょっとした小旅行程度なら気軽に行くことができる距離。どうかすると同じ県内の飛騨高山よりお手軽に行くこともできる。
 

3.で、家賃もそこそこ安い

HOME'Sの家賃相場をチェックすると、名鉄岐阜駅周辺の家賃は4.5万を切っている。実際にチェックすると、5万もあればかなり駅に近い場所に住むことができる。

ちなみに名古屋市営地下鉄東山線沿線と比較しても、実は一番安かったりする。それでいて終電時間も変わらないし、交通費云々考えても名古屋通いで岐阜に住む選択肢は大いにあり。・・・ただ名城線とかだと多少名鉄岐阜駅周辺のほうが高い駅があるようですが。
 

4.郊外にショッピングモールが乱立している

車を走らせば隣の各務原市にイオンモールが、本巣市にはモレラ岐阜というショッピングモールがある。隣の県に目を向ければ、JRで岐阜駅の隣に当たる木曽川駅の近くにもイオンモール。また岐阜市内だとマーサ21というイオンの複合施設もあり、ショッピングや遊ぶのには困らない。

f:id:superexp221:20140124001214j:plain

名鉄岐阜駅にはロフトがあり、少し歩けばドンキホーテ高島屋もある。カラオケだって名鉄岐阜駅前にジャンカラシダックスビックエコーと3軒ある。さらにこの周辺にある玉宮という地域は岐阜県内屈指の飲み屋街としても有名だ。

日常の生活範囲内にこれだけそろっていれば、ほんと生活に不自由することがあまりない。
 

5.それでもやっぱり商店街が暖かい

JR岐阜駅から徒歩15分。このブログによく登場する柳ケ瀬商店街は本当に良い商店街である。

f:id:superexp221:20140124001446j:plain

おいしいものいっぱいだし、商店主さんは良い人ばかり。おしゃれなお店だってある。イベントだって毎月たくさんあるから、行くと必ず誰かに出会える、そんな素敵な商店街だ。ぼくはすっかりこの柳ケ瀬商店街の虜になってます。

f:id:superexp221:20140124001353j:plain
こんなデカ盛りを売りにしてる居酒屋さんもあるし(そして普通にうまい)。

6.ごみの分別が楽

こんなもん理由にすんなよと言われそうだが、岐阜市では燃えるごみ燃えないごみの区別がないらしい。毎週この曜日は燃えるごみの日で・・・という概念が無いのだ。この曜日とこの曜日はごみの日、それだけ*3。これは引っ越してきた当初驚いたし、逆に分別しなくていいんだと気が楽になった。

ちなみにごみ袋も指定のものがなく、どうかするとスーパーの袋に詰めたやつまでもっていってくれる。(ぼくは普段はいろんなごみ箱からまとめて出すので30Lのごみ袋を愛用していますが)
 

7.なんかやたらとゆるキャラが多い

先述した柳ケ瀬商店街には、昨年3月まで「やなな」という全国でも大人気のゆるキャラがいた。

http://instagram.com/p/Q3q3o4P9rs/

それもあってか、岐阜市にはやたらとゆるキャラがいる。ナガラー、のぶさま。、ぴょこたん、ぎせつ丸、うーたん、ひあゆ丸、と思いつく限り書き出してもこの数。県内に枠を広げると、お猿のくぅ、はもみん、ねぎっちょ、もとまる、うながっぱ…とキリがない。

そしていざ岐阜でゆるキャライベントを開くと、ほとんど顔がそろっちゃうというのがまたすごい。

f:id:superexp221:20140124001723j:plain

ちなみにさっき、前の記事でも出てきたハコモがテレビで有吉と嵐の櫻井くんにいじられてたという。

というわけで、5年ほど住んでみての住み続ける理由を長々と書いてみた。東海地方で住む場所考えてる皆さん、迷ってるなら岐阜、まじでおすすめですよ。
 
(2014/1/27 21:10追記)
今朝、岐阜を基盤に活動されているNPO法人G-net代表理事・秋元さんが同じような記事をアップされていた。

それでもボクが岐阜市に住み続ける、6つの理由。食と住にまとめて語りますwww : 秋元祥治(岐阜・G-net・OKa-Biz)の活動日記

ぼくのように外から来た人間ではなく、岐阜市で生まれ育った秋元さんならではの岐阜の魅力満点です。

*1:岐阜駅周辺の金券ショップで買うと20~30円安くなる

*2:名古屋の繁華街、栄駅発でも23時50分ごろが最終

*3:ビン・カン・ペットボトルは別日であり

広告を非表示にする