SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

しばらくロッテの試合をポジティブなスタンスで観ることにしました。

ぼくが応援している野球チーム、千葉ロッテマリーンズがあんまり波に乗れていない。
交流戦前後に6連勝して、「交流戦開幕5連勝したチームは優勝確率100%!」とか言ってたのに、その後連敗。
結局、6月11日時点では7位にまでいつの間にか下落してしまっている。パリーグの順位も4位。
 
でも、ぼくはまだまだ諦めてなんかいない。まず交流戦優勝も全く諦めていない。
 
これを聞いたら「お前バカなんじゃないの?」って言われそうな気がする。でも、諦めない。
 

ちょっと前向きに野球の試合を観るスタンスに切り替えてみることにした。

試合に負けた。なら、明日勝てばいいじゃん。
先発が打たれて3点差で負けてる。よっしゃ、先発はこれ以上打たれるな。そして4点以上取り返そう。
誰かがケガしてしまった。ケガさせた選手を責めても仕方ない。それで早く治る訳じゃないんだから。
ここは早く完治するのを願おう。そしてその間、若手や控えでしっかり穴埋めていこう。
 
最近のぼくはこういう視点で野球を観ることを心掛けている。
ちょっと前はなにしとんねん、とか言うこともあったが、言っても良くはならないだろう、と思って。
それならちょっとでも良いところを見つけ出そう、と思った。
活躍できなかった選手にあれこれ文句言ったら活躍するの?と疑問に感じ、それはない、と思った、ということもある。
 

「諦めたらそこで試合終了だよ」とはよく言ったもので、

よく「#chibalotte」ハッシュタグをつけてツイートしているのだが、みんな最近諦めが早すぎる。
今日も、さっきウチの涌井が5回表に阪神のゴメスに逆転3ラン食らってしまったのだが、
「涌井何やってんだよ」「あーあ終わったな」「終戦・・・」
と、あたかもそれでゲームセットのような言葉ばかりが湯水のようにあふれ出てきた*1
 
ちょっと待てよ。まだ5回の表である。単純計算で最低でもあと4回攻撃できるのに、もう諦めるんですか?
 
そして、昨日も8-3で勝ったのだが、8回表に益田が3点取られてしまった。
この時のタイムラインも「何してんだよ」「浦和行けよ」と、5点差で勝ってるのにあたかも逆転されたような雰囲気。
思わず言葉を失ってしまった。ちなみに益田はここまでよく中継ぎでがんばってくれている選手である。
正直いなかったらもっと負けてただろう。そんな選手を2軍に落として、じゃあ誰を1軍に上げるんだよ?
 
勝利を観たい気持ちは誰にだってある。勝利から遠ざかればその分イライラする気持ちも分かる。
実際負ければぼくだってガッカリするし、それがひどい内容ならばひどくガッカリする。
だけど「今日も負けてる。どうせ今日も負けるだろう」と思ってたら、本当にそのまま負けてしまう。
いやいや今日こそはひっくり返してくれるだろうと信じる気持ちこそが、チームを上向かせてくれるんじゃないか。
 
諦めちゃいけないのだ、ほんとに。
 
実際、そんな試合を、ぼくは何度もこの目で見届けている。
 

野球の神様って、ぼくは存在してると思ってます。

誰かが打たれた、試合に負けた、そのことに怒っても終わったことなんだからそれが変わることはない。
だったら、前向きに前向きに、次のチャンスでしっかり勝てるように応援していくしかない。
絶対勝つぞ!って言いつつ先に点取られたらすぐハイ終戦、ってなるの、正直残念にしか思えないからさ。
最後まで諦めない姿勢を見せていこうよ。ぼくらは、応援で背中を押していくことしかできないんだから。
 
そして、負けが込んで一番苦しいのは、ぼくらじゃなくてグラウンドで戦ってる選手自身なんだから。

f:id:superexp221:20131010234349j:plain

次は勝とうぜマリーンズ。ところで、古谷が中継ぎに回ったけど成瀬も唐川もいなくて先発どうするんやろ。

*1:結局最終的に負けたが、この後一時4点入れてひっくり返した。終戦とか言ってた人はこの時どう思ったんだろう

広告を非表示にする