読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2014観戦記#4 6/22vs中日

だいぶ引っ越しがバタバタしてきましたが、ちょっとお休みして昨日はナゴヤドーム行ってきた。

f:id:superexp221:20140623233139j:plain

軽く寝坊して慌てて着いたらチアドラとM☆Splash!のコラボステージが始まる瞬間。
・・・だったけど、これだけ撮ってスルーして、3ゲート前でファン仲間と立ち話してから入場。

f:id:superexp221:20140623233625j:plain

この2連戦で名古屋へ遠征されてる方が多数いらしており、記念撮影やご挨拶で開始前は結構忙しかった。
しかし今年からドラゴンズ側のアナウンサーが昨年までオリックスのスタジアムDJだった堀江さんに代わり、
 
1番、センターフィールダー、ヨーヘーイ オオシーマァァァァァァーッ!!!
 
のあの声を聞くたび、ここ京セラドームじゃないし!とツッコミを入れそうになってしまった。
 
さて。

f:id:superexp221:20140623233149j:plain

久々の試合開始前のWeAreで応援団の太鼓が壊れるほど(!)の気合いを入れた初回、荻野がまずヒット。
すかさず盗塁を決めて、この日も3番に入った角中がきっちりとタイムリーを放ち先制。
前日からのいい流れが、今日も持続していていい感じ・・・と思ったら、続く今江がゲッツー。なんだそりゃ。

そして、中部大学卒、名古屋が第2の故郷と言っていい先発石川(出身は富山)が、どーもピリッとしない。
先制でいい流れが来ているというのに、その裏大島・エルナンデスの連打であっという間に同点。
毎回のように先頭打者をだし、3回ついに藤井のタイムリーでついに中日勝ち越し。
その後この日プロ初の一塁でスタメンだった根元が松井雅人の何でもないファーストゴロを逸らし、さらに1点。

「ねぇもっとぉぉぉ!」な我々ファン仲間、唖然茫然。
 
続く谷にはプロ初打点となるタイムリー、大島にもタイムリーが飛び出し、中日この回一気に4点。
結局最後はエルナンデスの打席で大島が盗塁に失敗してチェンジというなんともな展開に。

f:id:superexp221:20140623233129j:plain

っていうか、リプレイをビジョンで観ても、勝負どころの変化球が全然落ちていないし。
藤井のタイムリーも、その後に出た森野のライト前ヒットも、甘く入った変化球を痛打されたもの。
キャッチャーの吉田が構えてるところに全然ボールが落ちてなかった。そりゃ炎上するわなぁ・・・。
 
そんな中で結局石川を6回まで引っ張り、結局被安打16の9失点と言う成績。
一方で打線も目下5勝負けなしの中日先発・山井の前に沈黙。今江が6回にもゲッツー打ったのが痛かった。
そして痛かったと言えば、

f:id:superexp221:20140623233154j:plain

荻野(右)が初回で肩を負傷して中盤からハフマン(左)に代わったこと。
軽い脱臼がなんと骨折で全治未定と言う痛恨の重傷になってしまった。こうなったらもう仕方ないよなあ。
ハフマンや伊志嶺あたりでしっかり穴埋めていくしかないな。
 
で、結局。

f:id:superexp221:20140623233131j:plain

8回、中日2番手・祖父江の暴投で1点を返すのがやっとという無様な完敗。
千葉でもあわやサイクルヒットだったルナには、ホームラン出ればサイクルヒットという活躍を許してしまった。
 
まあ、こんな日もあるが、だいたいこんな日はぼくが観に行くときっていうのが、なんとも言えん。
昨夏千葉でこの試合を観て以降公式戦では全く勝っていない*1のは、多分あそこで運使い果たしたんだと思う。

f:id:superexp221:20140623233145j:plain

ヒーローは7回1失点で無傷の6勝目を挙げた山井、プロ初打点の谷、勝ち越し打の藤井。
インタビューの途中で最後にいろんな方にご挨拶しながら、遠征組とともに球場を後にした。
 
来年のナゴヤドームにも今度は遠征組として参加したいなあ。結局飲み会も2次会しか行けなかったし。
 
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました!今後とも、よろしくお願いします。

f:id:superexp221:20140623233134j:plain

おまけ。前日の試合で足くじいて包帯姿のドアラ

*1:オープン戦に枠を広げても、3月の神宮以来勝利がない。あれも、角中の満塁ホームランで勝つ劇的な展開だった

広告を非表示にする