SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2014夏東京5daysその1・大雨、休業、写真展。

木曜日から東京に行ってきたので、その顛末を数日書き連ねたいと思う。
 

8月28日

いきなり30分の寝坊からスタート。京都駅で土産を買って、いざ東海道線乗りっぱなし。

f:id:superexp221:20140902233351j:plain

なんかもうすでにこのカラーリングの電車が懐かしい。

f:id:superexp221:20140902233349j:plain

大垣、蒲郡、浜松、と乗り換え、ちょっと小腹も減ったのでいったん静岡駅で降りてラーメン食べる。
そして気づいた、ラーメン食べても全然汗かかない程度に涼しい。なんたることだ。

f:id:superexp221:20140902233348j:plain

熱海で乗り換えると、国府津の駅近くの海岸に後輩がいることを知り、急きょ途中下車。

どこにいるんだよ、と思ったら駅前まで後輩が迎えに来てくれた。お互い「まさかこんなところで」状態。
で、西湘バイパスの下を潜り抜けた先の海岸へ。

f:id:superexp221:20140902233346j:plain

ここはラブライブ!の聖地らしい。・・・真っ暗だけど。

f:id:superexp221:20140902233344j:plain

後輩と別れ、再び東海道線で今度は横浜で降り、やってまいりました関内駅
大さん橋からの夜景が見事と言う情報を聞き、これはちょっと見てみよう!と思いやってきたところ。

f:id:superexp221:20140902233340j:plain

えっと。

f:id:superexp221:20140902233358j:plain

大雨に霞んで轟沈。靴下もジーパンもビッチャビチャ。なにこのいじめ。

f:id:superexp221:20140902233342j:plain

結局横浜スタジアムでやってた中日×DeNAパブリックビューイングをぼけーっと眺めて、駅へ。
そしてとうとう「汗かかない」が「寒い」に変貌し、あわてて大荷物から長袖引っ張り出して着る羽目に。
 
翌日の予定を考え、この日は横浜から横須賀線船橋まで出て移動終了。ネカフェで一泊。
ナインティナインのオールナイトニッポンを聴くため、だったが、実質矢部氏が降板するだけになるとは。
でもエンディングの「月夜の星空」はなかなかに沁みた。
 

8月29日

f:id:superexp221:20140902233357j:plain

この日はまず海浜幕張へ向かう。

f:id:superexp221:20140902233355j:plain

1年ぶりのQVCマリンフィールド。今回は試合を観に来た訳ではなく、グッズを買いに来たのだが・・・
・・・なんか、開く気配がない。おかしいなあ、11時開店じゃなかったっけ?と思って店前に来てみると。
 
「8/29 休業日」
 
はいきたーーーーーー。
 
気を取り直し、海浜幕張駅前プレナ幕張のグッズショップに向かうが、ひとつお目当てが売ってなかった。
明日東京ドーム行く前に再び来るかを考えながら、西船橋から東西線に乗り一気に都内へ向かう。

f:id:superexp221:20140902233354j:plain

茅場町で日比谷線に乗り継ぎ、降りたのは恵比寿。

f:id:superexp221:20140902233352j:plain

東京都写真美術館で開催中の「生きること死ぬことのすべて−岡村昭彦の写真」展の見学。
先に見学されたお世話になっている方がこれはぜひ見てほしい、とのことだったので、今回ぜひ行きたかった。
 
いやあ、確かにこれは衝撃だった。写真云々よりまず、50年前のこんな鮮明なカラー写真を観るのが初めてで。
戦場や事故現場*1の最前線から撮られた写真には一部遺体を写されたものもあって、これもまた生々しかった。
うーん、なんだろう、言葉にするのがとても難しい。それくらいの衝撃を受けた写真展は初めてかもしれない。
 
ちなみに全然知らなかったのだが、東京都写真美術館はこの展示が終わると約2年改装で長期休館するらしい。
いやあ、ほんとうにこれ以上ないタイミングだった。
 
今回はこんなところで。続きはまた明日にしましょう。

*1:全日空羽田沖墜落事故の写真がとくに強烈な印象を残した

広告を非表示にする