読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

イライラをぶつけるようにマナー違反を咎める人が多すぎる気がする。

公共の場でマナー違反を犯す人がいる。ぼくは小心者なので、大体我慢するか係員に注意してくださいと頼むのだが、たまに正義感の強い人が自ら一喝する場面に出くわす。すごいなあ、と思うのだが、よくよく聞くと冷静さを欠いたまま相手を咎める人が多くて、それが実にもったいない、と思う。

昨日電車でこんなことがあった。

f:id:superexp221:20141126215924j:plain
※画像はイメージです。

車内は空いていて、ぼくはiPodで音声教材を聞きながら、次の試験に向けてレジュメを読み込んでいた。

するといつしかぼくの後ろに若者が座ったのだが、ずーっと電話をしていた。数駅電車が進んでも会話が止まる気配がない。時折音声教材の邪魔にもなるしなんだかなあ、と考えていたそのとき、通路はさんで隣に座っていたおっちゃんがおもむろに立ち上がり、自分の真後ろに立った。

あーおっちゃんもイライラしてたのか。本来ぼくが注意すべきところなのに、そんな度胸持ってなくてごめんなおっちゃん、と心の中で謝ろうとした瞬間、ぼくは耳を疑った。
 
「てめぇ、この野郎、ええ加減にせーよ!次の駅で降りろよ。あ?」
 
えっ、おっちゃん、喧嘩腰?

一瞬で心の中で謝罪する準備をやめた。おっちゃんはその後も2,3分、喧嘩口調でべらべらと若者に説教をかます。

若者が電話しているときは割と集中して音声教材に耳を傾けられたが、おっちゃんが説教している間はひとつも音声教材が耳に入ってこなかった。入ってくるのは不快度MAXのおっちゃんの説教だけ。ハッと我に返ると、音声教材が今どこの内容をしゃべっているのか目で追うのに時間がかかった。

喧嘩するならよそでやってくれ、と口を挟もうかと思ったが、結局おっちゃんはある程度説教を終えたところでさっさと自席に戻った。ちらっと横目で見ると涼しげな顔で本にマーカーで線を引いている。その姿はなんとなく、積もり積もった不満やイライラを電話の若者にぶつけてスッキリした様子に見えた。
 

断っておくが、「電車の中で電話すること」を許容しろと言っているのではない。

あと、マナー違反を見かけても注意をするな、と言ってる訳ではない。

ただ、そういうマナー違反を注意するにあたって、いきなり喧嘩腰で注意する必要はあるのか、もっと手段があったんじゃないか、という話だ。

実際ぼくも、電話がこれ以上続くなら車掌さんにちょっとあの人注意してくださいってお願いしに行こうかと思っていた。それは、車掌さんと言うワンクッションを置くことで余計なトラブルにもならずに済む*1からだ。直接言って変な言いがかりでもつけられたらたまったもんじゃない。それこそ他の人にも迷惑がかかる。

今思えば喧嘩腰で挑んだおっちゃんはよく無事に自分の席に戻れたと思う。もし後ろの若者*2が喧嘩っ早い人だったらどうなってただろうか。殴り合いとかになったら、それこそ一番迷惑するのは目の前の席に座ってる、ぼくだ。

おっちゃんが不愉快だったのは理解できる。ぼくもあの電話は不愉快だった。だけど、その不愉快を収めるために、また新たな不愉快要素を持ち出してまで丸め込もうとしちゃあ元も子もないよ、おっちゃん。おっちゃんはスッキリしても、後ろでただ単にイライラをぶつけるかのような声を聞かされたぼくは何一つスッキリしなかった。
 

イライラしたときに出る怒りに満ちた行動ってほんとロクなもんじゃない。

ぼくもイライラしがちな人間である。それが行動に出ることもある。だけど、必ず冷静になって、「・・・なんでこんなことしたんや?」と不思議に思う。これは、公共の場でのマナー違反を注意するとき以外にも言えることだと思う。

で、イライラして他人に注意すると、必ずと言っていいほど余分な一言が出る。「みんなが迷惑してますよ!」ってその場の総意のように自分の不快を語られてもどうしようもない。むしろ咎めた方に勝手に人の気持ち代弁すんなよ、と迷惑がってる人もいるかもしれない。

怒って行動すると、ほんとうにロクなことが起きない。むしろ、自分にマイナスとなって返ってくることだってある。

ちょっと冷静になって考えただけでより正しい行動も見えてくる。果たして、その咎め方は正しかったのか。相手にきちんとあなたの行動が不愉快ですって伝わったのか。自分の感情だけを押し付けた咎め方になってなかったか。周囲に迷惑をかけてなかったか。そんな分析や行動がパッとできる人って、けっこう少ないと感じる。

どうか正義感の強い人は、何か一言注意する前に一度冷静になってから咎めてほしい。イライラした感情のままにガツンと言ったらいいもんじゃないし、マナー違反してる人は自分をスッキリさせる道具でもない。そんな咎め方は誰ひとりとして得をしないし、それならやめたほうがいい。

今回の場合だったら、いきなりの喧嘩腰、そしてその態度でだらだら説教をかましたおっちゃんは明らかに冷静さのレの字もなかった。簡潔に「電話切ってね」、の一言で十分だったはずなのに。それでもやめなかったら車掌さん呼べばいい。少なくとも状況判断して場を収める仕事は車掌さんがすべきだ*3

もし若者が喧嘩を買って取っ組み合いに発展したら、その時点でおっちゃんも若者と同等の悪さを犯したことになる。だからイライラしたら一度冷静になろう。そうすれば、「場に相応しい一喝の方法」が、きっと見えてくる。

*1:実際ちょうどこのときも同じ路線の別の電車で車内トラブルがあったとかで遅れていたし、運休になっている電車もあった

*2:ほとんど後ろを振り向いていないのでどんな風貌かは不明。ただ男性だった

*3:この一連の出来事は一番後ろの車両で起こっていたので、その気になればいつでも車掌さんも呼べたはずだ

広告を非表示にする