読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

もし途中で電車が止まったら―18きっぷ旅に必要な「冷静な判断」

青春18きっぷは1回分2300円ほどで普通列車を乗り継ぎ乗り継ぎしていくのを条件として全国どこでも行ける切符である。その反面いろいろと制約も多く、もし電車が遅れて乗り継ぎに失敗して帰宅できない、なんてことがあっても宿泊費などの補償はないし、新幹線や特急に乗るにも別料金がかかる。

そんな事態が発生した場合に絶対に必要なのが、冷静に次の一手を考えること、だと思う。

先日の香川うどん旅では、なんと行きも帰りもひどい電車の遅れに遭遇してしまった。
 

行き:西明石付近で踏切の遮断棒が折れる

大阪駅で新快速に乗り換え、快調に西へ進んでいく・・・はずだった。異変に気が付いたのは、芦屋を出て三ノ宮までのどこかの駅を通過するときに一瞬電光掲示板に見えた「JR神戸線遅延情報」という文字。

見間違いか?とも思ったが、ひとまずツイート検索すると、

ありゃあ。しかも、大久保~西明石、ってもろにこの先通る場所。

こりゃあ遅れそうだなあと思っていたら案の定、明石の手前でいきなり止まってしまった。気が付けば反対側の電車は30分以上遅れている。さらにゆっくりゆっくり進み、西明石の駅ではしばらく待たされ、加古川まではかなり混み合ってるのにノロノロ運転。車内の空気が薄くなり息苦しさすら感じる。

結局、姫路駅には25分遅れで到着。最初の予定では5分の乗換時間で岡山行きの電車に乗るはずが、岡山行きはすでに行ってしまった後だった。四国に10時過ぎに上陸してうどんをすすりに行く、という目論見はこれで完全に破綻。

f:id:superexp221:20150113152049j:plain

とりあえず岡山方面へはこれに乗ってくれ、ということで促された電車に乗り込み策を練り直す。そうこうしている間にも反対側のホームには人が溢れている。

さて、乗った電車は播州赤穂という駅まで行く電車で、岡山に行くには手前の相生駅で乗り換える必要があった。ところが調べてみると相生駅で1時間近く待つ。正直この寒い中、1時間もホームで待つ自信はないし、待合室でぼけーっと待つのもそれはそれで苦痛。混み合う区間なのでゆったり座りたいことを考えるとまちあるきの余裕もない。

岡山まで別料金で新幹線、なら時間は取り戻せるけどこれも1時間近く相生で待つんだよな・・・と、乗った電車の終点・播州赤穂からも岡山行きの電車があることを思い出した。調べてみると相生で乗り換えるのと3分しか時間が変わらないし、どのみち岡山からは同じ電車になる。ならばこのまま乗り通そう。

f:id:superexp221:20150113152058j:plain

というわけで相生で大挙して降りる18きっぷ利用者と思しき集団を見送り、播州赤穂へ。降りる間際に足元になぜか近鉄線の定期券が落ちていて、慌てて車掌に届けても余裕で座れる赤穂線。岡山までの1時間半は爆睡だった。

f:id:superexp221:20150113152035j:plain

結局、予定より1時間半遅れての四国入りとなった。
 

帰り:住吉駅で人身事故

f:id:superexp221:20150113152334j:plain

朝の1時間半遅れが影響して、実はこっそり予定していた岡山駅のイオンモールの見物を諦めて帰路に就く。姫路の手前まで爆睡してしまったので、京都へ向かう新快速でも引き続き寝ようかと思っていた。

ら、着席した瞬間、衝撃的な放送が流れた。

「お客様にお知らせいたします。先ほどこの先の住吉駅で新快速が人身事故を起こしました

まーーじーーかーーよーー。

すぐ横で18きっぷ利用客と思しき青年が、苦虫を噛み潰したような顔で天を仰いだ。

f:id:superexp221:20150113152056j:plain

もちろんこのまま構わず乗る選択肢もある。が、ぼくはまず、姫路周辺で落ち着くまで時間をつぶすことを考え、新快速を降りた。変なところで動かなくなって疲れがたまるだけなら、どこか店に入って落ち着くのを待つ方が得策。ところが予想に反し、次の電車が早くもやってきた。

え、これすぐ動きそう?だったら早く帰った方がいいな・・・。それに落ち着く、っていつまでかかるかわからんし。

とりあえず電車に乗った。この先で人身事故がありました、この電車も途中で打ち切るかもしれません、と何度も放送が入る。しかしそれも「運転を見合わせます」の放送に変わり、あーやっぱりか・・・と思っていると、「山陽電車振替輸送を行っています」という放送が続いた。

ここ姫路から神戸に抜けるには、JRともうひとつ山陽電車が通じている。JRから山陽電車に乗り換えるにはこの先の明石か今いる姫路しかない。もしJRしか手段のない加古川あたりでストップとなると、それこそにっちもさっちもいかなくなる。となれば、今少しでも先に進むには、振替輸送で姫路から山陽電車に乗るべき、か・・・。

調べると18きっぷでも振替輸送OKということが判明。ならば。

f:id:superexp221:20150113152741j:plain

突然「運転再開します!間もなく発車します!」と放送を始めた電車を慌てて降り、山陽電車の改札口へ直行。

f:id:superexp221:20150113152740j:plain

ある程度移動しても電車が激混み、なんて情報もあったので、結局阪神電車に乗り換えて西九条から奈良経由で帰宅。姫路から2時間ちょいでたどり着くはずが、なんと4時間ほどかかった。が、何時間も電車に缶詰になったり動けないことを考えると、こっちのほうが疲れずに済んだ、と思う。

f:id:superexp221:20150113152039j:plain

ま、西九条から乗った環状線がよもやの妖怪ウォッチ電車だったときには、さすがに力が抜けそうになりましたが。
 

怒ったって時間は戻ってこないんだから、別の一手を考える余裕を。

こういうときによく駅の窓口に行くと、「いったいどうしてくれるんだ」と怒鳴り散らす客がいる。「○○まで行きたいんですけど」と運行状況を確認するならまだしも、そんなところで怒鳴り散らしたって遅れた時間が戻ってくるわけでもない。

旅をするときはたくさんの持ち物が必要だけど、こういうトラブルに臨機応変に対応できる冷静さも必要だと思うのだ。

広告を非表示にする