読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

今流行りの「レモンジーナ」を飲んだ(豪雨に打たれながら)。

これも前にちらっと書いた話だが、ぼくの歯には一本、抜けずにそのまま残ってしまった乳歯があった。元来乳歯は虫歯菌にめっぽう弱いのだが、先日その残った乳歯が限界を迎えてしまった。

仕方なくかかりつけの歯医者で治療してもらう。診察室に案内され、しばらくこれ読んでお待ちくださいね、と雑誌を持ってきてもらったので、BRUTUSのお取り寄せ特集を読みながら先生を待つ・・・が、すぐ隣の診察台が妙にやかましい。

裸眼だったのでよく分からないが隣はオッサンのようだ。そういえばさっきからやたら治療方法について歯科衛生士の人が困るくらい質問攻めにしてたし、耳に入ってくる話から考えると妙に健康に自信がおありの方のようだ。歯茎から血が出た、ということでやたらと歯科衛生士さんに怒っている。

ふつう健康な歯茎は針刺しても血が出ないんですよ、と懇切丁寧な先生が説明するも、じゃあなんだ確かに毎日仕事して疲れているが抵抗力が弱いとでもいうのか、と逆襲するオッサン。食って掛かるのはいいんだけどさ、他の患者*1置いてきぼりにしてるの気づいてる?と言いそうになるも、がまん。

ようやくオッサンが少し落ち着いたところでぼくも先生に治療してもらい、衛生士のお姉さんに処置してもらって、「じゃ後は先生に診てもらいますねー」と治療が終わろうとしたそのとき、また横のオッサンが怒りだした。

今度は歯石が少ないと説明を受けていたのに、延々と歯石を取っていたのが気に食わなかったらしい。耳に入ってくる話を聞く限り、治療と言うよりニュアンスの問題のようだった。普段温厚な先生が明らかに苦笑と多少の苛立ちを持って説明するも、オッサンは聞く耳を持たない。

時計を見たら、ぼくが診察室に入って1時間になろうとしている。残した仕事もあるので、早く家に帰りたい。

そこで気が付いた。なんで俺は家に帰れずに、全く自分に関係のない、知らんオヤジのクレームを延々と聞かされなきゃいけないんだ、と。なんの罰ゲームだ。確かに日ごろの行いは悪いかもしれないが、これはあんまりではないか。そう考えると無性に腹が立ってきた。

いよいよオッサンに、いい加減にしろ、とでも言おうかなと思い出したそのとき、さっきの衛生士のお姉さんが後ろを通りがかったので、すぐに呼び止めた。あと先生のチェックだけなら帰っていいですか、と。すると「もし痛みとか出たらすぐに電話ください」と言われ、あっさり帰る許可が出た。

会計を済まして病院を出ても、オヤジはまだ怒っていた。結局、最初の歯茎が~の時間も合わせると約20分、オヤジのせいで無駄に時間がかかってしまった。言い換えれば、ぼくは20分、黙って別に自分に関係のないオヤジのクレームを耳にしていた、ということである。

なんであんなに怒る必要があるんだろう、黙って治療に従えばいいのになー、とか思いながらコンビニに寄ると、出荷停止になったレモンジーナが大量に売られてたので、思わず買った。

f:id:superexp221:20150403192147j:plain

コンビニを出たらいきなり雨がひどくなってきた。家を出たときは降っていなかったので、傘を持っていない。あのオヤジがあんな怒ってなければ多分この豪雨なんて余裕で避けられたのになあ、と思いながらずぶ濡れになりつつレモンジーナを飲んだ。

やっぱりぼくはオランジーナのほうが好きだな、と思った。

止まない雨に濡れながら、これで風邪引くか歯が痛くなったらオヤジのせいにしてやろう、と思いつつ、家路を急いだ。

*1:もうひとり女性の患者がいた。しかもオヤジが落ち着いてすぐ帰ったので、先生のチェック待ちだったらしい

広告を非表示にする