SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2015観戦記#2 3/21vs東京ヤクルト(オープン戦)

すっかり書くの忘れてた。

随分前(その1その2その3)に書いた東京旅行記のメインはこれでした。1年ぶりの神宮球場

f:id:superexp221:20150406155244j:plain

相変わらずロッテファンの方が多いって何事よ。

f:id:superexp221:20150406155224j:plain

神宮球場に来たらやはり外せないソーセージ盛り合わせ。てか、これが今回の主目的という噂も・・・。

f:id:superexp221:20150406155227j:plain

スタメン。オープン戦結びの3連戦の真ん中、前日が開幕投手の涌井だったので今日のピッチャーが開幕2戦目に流れることになる。という訳で勝手に石川かと思ったら、出てきたのは昨年DeNAからテスト入団したチェン。まじすか。ちなみに相手チームの方が先発石川だった。

ってか、「石川はマリンの開幕戦だから4枚目で行くらしいよー」って、なんでみんな知ってるのそんなこと。

f:id:superexp221:20150406155226j:plain

つば九郎を捕捉(この直後、レンズが壊れる)。

さて、試合は3回にロッテが鈴木大地のタイムリーで先制するも、その裏チェンがミレッジに一発献上。5回に相手エラーでロッテが勝ち越すも、その裏チェンがまたもミレッジに一発献上して逆転されるという苦しい展開。しかし6回にクルーズと清田がタイムリー打ってあっさりと逆転する。

f:id:superexp221:20150407022024j:plain

結局この日のチェンは6回3失点。成績だけ見れば及第点ではあるが、味方が点を取った直後に同じ打者にホームラン食らうというのはいただけない。6回はミレッジに回ってこなかったので助かった感もあるので、シーズンは「同じ打者にやられない」ことが注意点かな、と。

7回は益田が完璧に抑えて、これはもう8回カルロス・ロサ→9回西野の流れかなーと思ったら、ロサが全くピリッとしない。8回裏、鳴り止まない「夏祭り」の中、中村悠平にタイムリーを浴びてあっさり同点、さらに続く代打・ユウイチの内野ゴロは当たりが弱く、処理の間に勝ち越しのランナーが帰ってしまった。

9回に期待の若手・肘井が出てくるものの、この日誕生日だったらしい秋吉の前に沈黙。

f:id:superexp221:20150406155223j:plain

結局負けてしまった。いやー、内野ゴロが決勝点か。。

開幕してからは今のところ星は五分。だがこんな成績じゃゴールデンイヤーにはまだほど遠い。幸い、涌井が早速エースとして申し分ない働きを見せ、昨年低打率だったクルーズがただいま打点王と確実に日本に順応している。そして何より、この活発な打線にさらにデスパイネという大きな大きな柱が加わる。

明日からは大補強の末に開幕ダッシュに大失敗したオリックスとの3連戦。ここ数年苦手の大阪だが、ここはしっかり叩いておきたい。そして秋には伊東監督が胴上げされている姿を、見たい。

広告を非表示にする