SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

ビクビクしながら数年ぶりにTSUTAYAでCDをレンタルする

岐阜に住んでいた頃、近所のTSUTAYAで会員登録しようとして、失敗したことがあった。

元々、どこの店で発行したかも忘れた「ブックオフTカード」*1を使っていて、このカードで何度かRAG FAIRのアルバムをレンタルしたこともある。ところがあるとき普通にカードを提示すると「これ会員登録されてません」と突き返された。

あれ?と思いながら仕方なく再登録の申し込みを書いて、免許がないので身分証明に保険証を提示したら、それじゃ駄目だと言われてしまった。前に使ったときこんな会員登録したっけ?と思ったのだが、当然それ以上の身分証明もなかったので結局レンタルできなかった。

こういうとき、いつも店員にお手数かけてすみません、とか一言謝って出るのだが、この日は店員が「コイツには絶対CDを貸してはならない」と言わんばかりに冷たく、ビビって何も言わず店を出てしまった。それでTSUTAYAに妙な苦手意識を持ってしまい、それ以降足が向かなくなってしまった。

で、TSUTAYAとほぼ同じ距離にあって、しかもPontaを提示すれば面倒な手続き要りませんよ、と教えてもらったGEOを愛用するようになった。ところが岐阜の住まいを引き払い京都に戻ってくると、再びCDをレンタルするには最寄り駅のひとつ隣の駅にあるTSUTAYAが一番近くなった。

そして今回、どうしても聴きたいCDがあったので、意を決してTSUTAYAで会員登録することを決めた。
 

意外と自分宛てに来る手紙が使える、という事実。

実はTSUTAYAで会員登録失敗した直後、「手紙とかの住所表記で大丈夫」ということも教えてもらった。そういえば昔、下北沢の漫画喫茶に泊まろうとして住所証明するよう言われ、こっちのコンビニで払おうとカバンの奥に突っ込んだ水道代の払込書を提示してなんとか切り抜けたことがあった。

大学から来た封書をカバンに入れて、20分歩いて隣の駅のTSUTAYAに向かう。前みたいにレンタルの直前で会員登録できませんでした、を避けるために、最初に会員登録することにした。

研修中の店員さんに会員登録のお願いをして書類を記入して、相変わらずぼくにとっての貴重な身分証明である保険証を出す。すると案の定住所証明できるものを、と言われたので、待ってましたと言わんばかりに大学から来た封書を出す。ちなみに、何か言われるといけないので封書は何通も持ってきた。

結果は、OK。登録料をTポイントから引いてもらって、晴れてTSUTAYAでレンタルできる身となった。

f:id:superexp221:20150409050507j:plain

早速CDを借りた。このまま会議に行かなくちゃいけないので、CD持って電車で会議先に向かう。それを見越してパソコンとCDドライブを持ってきていたので、

f:id:superexp221:20150409050505j:plain

そのまま会議先でiTunesに曲を入れた。どう見ても会議の直前のテーブルとは思えない。

ちなみに借りたのは、セカオワの最新アルバムと、爆風スランプGReeeeNGReeeeNは岐阜のGEOで一度借りたのだが、何曲か読み込みに失敗していたので改めて借りなおした。

f:id:superexp221:20150409051150j:plain

ただ、取り込んだら曲情報がひとつも表示されなかった。これ、トラック13が今流行りの「Dragon Night」なのだが、ホントにちゃんとドラゲナイされるのかと、半信半疑で再生したら「♪今宵は100万年に一度~・・・」とちゃんと再生されて会議室でひとり胸をなでおろした。

このあと爆風スランプのCDも曲情報が出てこなくて、結局会議が終わってから電車の中でひとつひとつ手打ちする羽目に。ついでにiPodに曲もすべて入れて、また最寄り駅のひとつ前に立ち寄ってさっさとCDを返却して、爆風スランプを聴きつつ夜の静かな住宅街を20分歩いて帰宅。

これで堂々とTSUTAYAでCDをレンタルできる。またひとつ、苦手を克服したような気がする1日だった。

*1:ちなみにブックオフは5年前にTカードから身を引いたので、今や超レアなTカードになってしまった

広告を非表示にする