読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

あの「ドライフルーツのパン」の正体が、ついにわかった!!

diary

先日こんな記事を書いた。

shun.hateblo.jp

阪急ベーカリーというパン屋で売っているドライフルーツのパンが大好きなのだが、なかなか売っていない上に正式名称も良く知らない。あのパンがとにかく食べたいから、似たようなものを売ってるセブンイレブンで我慢しているという話。

その後も足しげく阪急ベーカリーに通ったものの相変わらず売ってなかったのだが、昨日。

f:id:superexp221:20150428050414j:plain

売ってたーーー!!!!!

いつも使う阪急ベーカリーに、しかも3つも残っていた。もちろん「買わない」なんて選択肢はない。とりあえず2つ手に取った。残りひとつ。どうせなら買い占めちゃうか、と手をかけようとしたところで、いややっぱ他の人にちゃんと残しておこうと良心が3つ目を止めた。

久々に食べると、やっぱりぎっしり詰まっているドライフルーツがこの上なく美味い。3つ目もやっぱり買うべきだったかなあ?とちょっぴり後悔しながらも、久々に訪れた夢のようなパンもぐもぐタイムはあっという間に過ぎていった。

そしてついでに、「ドライフルーツのパン」と言っていたこのパンの、カタカナの長ったらしい名前もようやく覚えた。
 

「カンパーニュ・フリュイ」

この名前で検索すると、出るわ出るわドライフルーツのパンが。調べてみるとどうやら京都にもいくらか扱ってるパン屋さんがあるようだ。色々と見ているが、カンパーニュ・フリュイ以外にも普通に美味そうなパンがいっぱい。。

そもそも「フリュイ」というのがフランス語で果物を表しているらしく(よく考えれば「フルーツ」と発音がちょっとだけ似ている)、どうやらフランスパンのお店で「フリュイ」という4文字があれば基本的にそこにはドライフルーツが入っている、と考えてもよさそうだ。

フリュイ。フリュイ。よし覚えたぞフリュイ。これでどうしてもドライフルーツのあのパンが食べたくなったら、フリュイありますか?って聞けばいいんだ。それだけでなんだか明日から強く生きていけそうな気がする。

ただ、今この文章を打っていて「フリュイ」の文字が多少ゲシュタルト崩壊し始めているので、定着するには相当な時間がかかるかもしれない。。

広告を非表示にする