読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2015観戦記#6 7/14vsオリックス

marines

どうも我らが千葉ロッテマリーンズの調子が上がってこない。7月に入ってまだ1勝しかしていない上、早くもオールスター前最後のカードとなったオリックス戦も、初戦で負けてついに6連敗。7連敗を阻止するべく、昨日は京セラドーム大阪に乗り込んできた。

f:id:superexp221:20150715024905j:plain

花束贈呈に出てきたT-岡田伊志嶺翔大。2人とも、本拠地での打席入場曲にケツメイシの「カーニバル」を使ってるが、まさかそれを狙ってる訳じゃ・・・ないだろうな。

f:id:superexp221:20150715025038j:plain

スタメン。オリックス先発の東明とはこのとき以来の対戦だが、そこで2本塁打と当たりに当たりまくった福浦先生をあえて外し、この日1軍に上がってきた大松を即使ってきた。これが吉と出るか凶と出るか。場内にSuperflyの「タマシイレボリューション」が鳴り響き、試合が始まる。

すると、東明の立ち上がりを初回からロッテ打線が見事にとらえ、角中・清田・今江の3連打であっさり1点先制。が、クルーズは内野フライ、期待の大松もあっさりと内野フライを打ち上げて続かず。3回にはノーアウト1・3塁で清田がファーストライナーを打ってしまい1塁ランナーが戻れず。今日はこのプレーが潮目だった。

その裏、いきなり我が先発・石川が崩れ始める。中島に同点タイムリーを打たれると、T-岡田が打ったボッテボテのピッチャーゴロがオールセーフになりこれで逆転。ここからさらにオリックス打線が勢いづく上に、アクシデントがロッテを襲う。

ブランコのタイムリーの直後、続く宮崎のセンター前でホームに突っ込んでくるランナー・T-岡田。完全アウトのタイミングだったのがセーフのジャッジ。しかもランナーがそれぞれ進塁している。なにしとんねn・・・えっ、なんか三塁側から慌ててトレーナーとコーチが出てきたぞ。

f:id:superexp221:20150715030205j:plain

どうやらT-岡田と激突した際にキャッチャーの田村が痛んだらしい。石川が投球練習している横で治療するも、結果は「×」。あえなく吉田に交代となった。つい2週間前にもクロスプレーで捻挫した田村、大事に至らなければいいのだが・・・。

結局この回、駿太にもタイムリーが出て一挙5失点。これを跳ね返す力が、ロッテにはなかった。しかも不運は、この田村の負傷退場だけでは済まされなかった。

8回、余裕を持って降板した東明から引き継いで出てきた岸田から、角中・清田が出塁してチャンスを作る。バッターは今江。その3球目、高めに浮いた球が今江の右手を直撃した。激しく痛がる今江。あとで聞くと、中継の音声に「痛ぇっ!」という声がもろに入っていたそうだ。

岸田てめぇ何やってんだよこの野郎!などと怒号が響くレフトスタンドの一角で、まーあの痛がりっぷりは今日はどっちにしても駄目でしょうねえ、ていうか確実に折れてますよねあれ、と冷静にファン仲間と分析する。一度ベンチで治療してからまた出てきたが、何も無理して出てくることないのに、と思った。

とはいえ、ノーアウト満塁である。しかしオリックスベンチはこの混乱に乗じてピリッとしない岸田を降ろす。そして鳴り響くロードオブメジャーの「心絵」、うわやっぱ佐藤達也かよ。まあでも今年のサトタツはそんな調子よくないし、2つの四死球で相手にもらったような満塁。ここで点を取らんといつ取んねん。

クルーズ、インフィールドフライ。まああれは仕方ない。大松の代打・井口さん、フルカウントまで粘って見逃し三振。なんで振らへんねん。そして、続く鈴木大地、初球を引っかけサードゴロ。いやいや待たんかい。ノーアウト満塁で0点って。思わずその場にへたり込んでしまった。

9回、やはり「心絵」を流しながら2イニング目のマウンドに上がる佐藤達也。伊志嶺・角中がチャンスを作るも、最後は清田が空振り三振。

f:id:superexp221:20150715032352j:plain

これでついに7連敗。まあでも、以前神戸で10連敗を見届けたことがあるから、そんなに個人的にはダメージは受けていない。だいたいうちが持っている連敗記録は18連敗なのだから。

f:id:superexp221:20150715032628j:plain

ヒーローは7回1失点ピッチングの東明と、8回ノーアウト満塁をパーフェクトリリーフで乗り切った佐藤達也。投手が2人だけのヒーローインタビューって、そういえばあまり観た記憶がない。
 

後半戦に向けて。

打たなければならないところで打てないのなら、そりゃこんなゲームになる。8回ノーアウト満塁を見事にぶっ潰したのが全て。連敗の悪い空気を初回で振り切ったと思ったら全然そんなことは無かった、と言う試合だった。

15日の試合で前半戦が終了する。「5年に1度のゴールデンイヤー」とは言うが、こんな戦績じゃゴールデンイヤーにはほど遠い。確かに2010年は、最後に残ったホーム3連戦3連勝でギリギリ3位に滑り込めるところを見事に3連勝しての伝説の幕開けだったが、ここからその奇跡をもう1度見せてほしい。いや、マジで。

そして、今江。

やっぱり骨折だった。っていうか、あの痛がりようで無傷じゃない方がおかしい。前述したが、当たった瞬間「あっ、これはアカンな」と覚悟していたので、ガッカリと言うかそういう気持ちは、そんなにない。戦力的に痛すぎるのは確かだけど、もうケガしてしまったものは仕方がない。今季終了までに戻ってくることを祈るのみ。

で、そこでチャンスが出てくるのが若手の内野陣だろう。中村奨吾は今日2本ヒット出たし、三木も内野の便利枠から脱却したい。2軍には大嶺翔太、細谷、高濱も控えている。正直、このあたりのメンバーが目の色変えてサードのポジションをかけて競争することが、今後のロッテの戦いぶりを左右すると言って過言ではない。

ロッテのホットコーナーはこの10年ずっと今江のものだった。サードに定着したときの今江は22歳。年齢的にも今挙げた5人が今江からサードを奪い取ってもまったく不思議ではない。だから、本当に「今がチャンス」なのだ。

いくら自力優勝がなくなろうとまだ諦めちゃいない。この暑い暑い夏が本当に勝負。とにかく前半戦最後、きっちり勝って良いオールスターブレイクを迎えよう。

広告を非表示にする