読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

専属スタイリストが欲しい

2,3年前に名古屋のGUで買ったジーパンがボロボロになったので新しいのを買うことにした。

その日、昼からかかりっきりだった作業がようやく終わって、そのままGUに直行したのは夜の7時過ぎだった。さっそくズボン売り場に行くと、なんとセールで490円のジーパンがいくつかあった。良さげなものもあったのでこれにしよう、とさっそく手に取る。

・・・ちょっと待てよ。「コーデュロイ」って、なんだ???

僕は服なんてとりあえず着れたらそれでいい人間なので、ブランドはもちろん材質にはあまり興味がない。かと言ってヒルナンデスとかでファッションの特集を見る習慣なども一切ないので、いざコーデュロイとか言われたらなんのことかさっぱりわからない。

こういうときはGoogle先生の出番である。他人に説明はできないけどなんとかコーデュロイを理解したところで1着それを買うことにする。490円だし、せっかくだからもう1着買おうか。

これが長いトンネルの始まりだった。

ボロボロになったジーパンを除けば、黒のチノパンと青のジーパンくらいしかズボンがない。で、今手にしているコーデュロイのジーパンは黒。もう1着買うなら黒か青以外だなー、と思っていたのだが、さて何色を買うべきなのか、非常に頭を悩ます。

今目の前にあるのは、オレンジとカーキ、そして白というラインナップ。オレンジのチノパンがなかなかに派手だし、そもそもあまり今まで履いたことのない色なので大冒険するのもありだなーとは思った。だけど、このチノパン、どういう服の組み合わせが良いのだろう。

とりあえずオレンジと、無難なカーキのチノパンを試着して考えることにした。この日は自分には珍しくピンク系の服を着ていたのだが、たぶん色相環的に考えると少なくともオレンジとか絶対違和感あるだろうなー、と思ったら両方の色とも明らかに似合ってなかった。ちなみに黒のコーデュロイのズボンはピタッとはまる。

上に着ている服の問題なのだろうか。いやそんなことはないだろう、ととりあえず「オレンジ チノパン コーディネート」みたいな検索ワードをひたすらに打ち込んでGoogle先生に尋ねてみる。ますます路頭に迷う僕。同じようにカーキを試着しても、なんか違う気がする。

単に見慣れないせいなのか?店員さんに聞こうにも、見渡すとなぜか若い女性店員しかいないからなんだか照れくさくて聞く気も起きない。

となれば、やはりGoogle先生しか今頼れる人材はいない。「オレンジ」を「カーキ」に置き換えてもう1度尋ねてみる。ふむふむ、1本あると便利ですよー、と書いてあるサイトもあれば、カーキほど危険な色は無い!などと断罪しているサイトもある。えーとこれ結局何を信じれば・・・。

しょうがないので、これから先着る冬服を数点イメージして、頭の中で色的に合うかどうかをシミュレートする。あの赤のネルシャツにこれは似合わないだろうけど、白のシャツならよさげ・・・でも結局、「これ」と教えてくれるものがないから、何が正解で何が不正解かがわからない。

そのときふと店内放送が耳に入った。

当店は21時をもって閉店させて頂きます!お買い忘れのないようお気を付けください!

時計を見た。えっ、20時45分!

結局オレンジとカーキのチノパンは買うにしても裾上げしてもらわないと着れない。確認したら当たり前のように翌日以降の引き渡し、と言われたので、しばらくこの界隈に立ち寄ることがないのもあって2時間かけて黒のコーデュロイのズボンだけ買った。なんという時間の無駄!

店を出ると、少し急げば思ってる電車のひとつ前の電車に乗れそう。駅に向かって急いでいると、自然と道行く人のズボンの色が目につく。あれっ、あの青年、カーキのズボンに青のシャツを見事に着こなしてる。同じものではないが、あんな青のシャツ自分も持ってるな。

・・・それからしばらく、外出するとすれ違う人の服装の色の組み合わせに目が行った。カーキのズボンを着ている人は思ったより多くて、しかもみなものすごく自然に着ている。オレンジのズボンも、あとで検索するとモノトーン系が合うらしいことを知った。そういえば最近黒のジャケットを買ったし白のシャツもある。

ってことは、やっぱり色合い的にもおかしくないのか??

f:id:superexp221:20150926012324j:plain

結局、両方とも1週間後に買ってしまった。

どれが似合う似合わないは別にいい。ただひとつ、「その着こなし変だよ」「その色の組み合わせはおかしい」と言ってくれる人が欲しい。

その前にその優柔不断なんとかせえよ、っていう話ですが。

広告を非表示にする