読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2016年、手帳に高橋を指名してみる

diary

「由伸」でも「みなみ」でも、県岐商からホークスに入った「純平」のことでもなく。

今年も手帳に頭を悩ます時期がやってきた。昨年の秋にほぼ日手帳を諦めて、10月始まりのごくごく普通なマンスリー&週間バーチカルタイプの新しい手帳を購入して1年以上やってきた。で、2016年は、

f:id:superexp221:20151209213755j:plain

「手帳は高橋」でお馴染みの高橋の手帳を買った。名前は聞いたことあるけどはじめての購入。どうでもいいけど、イメージキャラクターに高橋みなみを使ってるのは絶対に狙ってると思う。

本当はマンスリーだけの手帳を買うつもりだった。というのは、前の手帳で週間バーチカルをほぼ使わなかった上、夏に買ったiPadに「ジョルテ」という予定管理アプリを入れたので(ついでにAndroidにも久々に入れた)、ぶっちゃけバーチカルはもうそっちで十分だと思っていた。

バーチカルって、マンスリーで記入した予定を改めてバーチカルに書き写さなきゃいけないし、時間軸に矢印を引く作業が思った以上に面倒。まっすぐな線が豪快にズレることもしばしば、と考えると、手帳の週間バーチカルが活躍する機会はおのずと減っていくばかりだった。

ところがある程度の大きさで、かつマンスリーだけの手帳って意外と見つからない。見つかってもやたらとファンシーで、25,6の男がとても使えないようなものばかり。今思えばそこで100均と言う手があったなー、という気はするが、仕方なくマンスリー+週間バーチカルとかいろいろ見てたら、やっぱり週間バーチカルつきがほしくなってしまった。

買うからには途中で買い替え、なんてことがないようにしたいので、優柔不断な僕は選ぶのにおのずと時間がかかる。無印良品の手帳もありかなー、でも他によさげなものもありそうだなー、と思って、見つけたのが高橋の手帳だった。マンスリーに予定を書き込みやすそうだし、と言う単純な理由が最後の決め手であった。
 

色分け、面倒なのでやめます宣言。

2年前、こんなエントリを書いていた。

これはべつにほぼ日手帳じゃなくても発生する問題だが、実は手帳に常に7色のボールペンを差している。
 
友達と遊ぶ、ボランティア活動、重要な用件、等で予定を色分けするためだが、これが良く分からなくなる。
もっというと、分類が微妙な予定が入る時は「えーとこれ、何色で書けばいいんだ?」と思考停止する。
そして、書かなくなる。まさに本末転倒。
 
かと言って黒一色で予定を埋めるという選択肢は、ない。みんな色分けとかどうしてるんかな。
 

 
で、この度、予定の色分けをやめることにした。

理由。超面倒くさいから。

色分け自体もう何年もやっていたのだが、いちいち色を変えたり(場合によっちゃペンを変えたり)、予定によってパッと「この色、何で書けば良いんだっけ?」と思いつかずに書く手が止まったりするのが、最近ものすっごく面倒になってきた。ていうか、そもそも色を間違えることも多々あった。

だったらもう、全部黒で書いちゃえ、という結論に至った。

それに、色分けなら「ジョルテ」であっさりとできるので、別にペンで書く手帳で細かい色分けをする必要がなくなった、ということもある。とりあえず今月の今ハッキリしてる予定を黒ペンで書きこんだが、うん、目がちかちかしないしシンプルでこれは良い。

というわけで、高橋の手帳はシンプルに使っていこうと思う。でもホンマに週間バーチカルのページどうやって使おう。。

広告を非表示にする