読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

「こごめ」という餅、ご存じありませんか

diary

生まれてから25年、毎年お正月は父方の実家がある滋賀で過ごしている。そこでおせちやオードブルと共にお雑煮を一族そろっていただく、というのが毎年の恒例行事なのだが、

f:id:superexp221:20160107215323j:plain

やはり関西なので餅は丸餅が出てくる。これは自宅(京都)でも同様。なのだが、滋賀の父方の実家ではもうひとつこんな餅が出てくる。

f:id:superexp221:20160107215316j:plain

一見すると関東でお馴染みのただの角餅のように見えるが、我が家ではこれを「こごめ」(小米)と呼ぶ。その漢字の通り、餅の中に無数の米粒が混ざっている餅である。そのために餅特有のびよーんとした粘り気がそんなにない。食べると米粒がプチプチするのがとても楽しい餅だ。

僕はつい2,3年前まで一族が集合すると最年少で(従姉に子どもが生まれて今はもう最年少を譲った)、10何人が一堂に会するお正月で雑煮に使う餅を冷暗所から持ってくるのは決まって僕の役割だった。そのときに「丸餅」と「こごめ」の2パターンを家族全員に聞く必要があった。

おばあちゃんは丸餅1つ、おとうさんは丸餅3つ、おじさんは丸餅2つとこごめ1つ、○○ちゃん(従姉)はこごめ2つ・・・と家族10数人の餅の数を把握するのは超大変で、ある程度成長してパソコンが使えるようになるとExcelでリスト管理しなければならないほどの重作業だった。

なので、僕はしばらく、このこごめと丸餅をお正月の餅として食べるのが当たり前だと思っていたのだが、どうも世間では「こごめ?何それ?」という存在らしい、ということに最近じわじわと気が付いた。以前Facebookで知ってます?と聞いたら、「これうまいよねー!」という反応はひとつぐらい。まじか。

f:id:superexp221:20160107215246p:plain

だいたい、Googleで検索するとサジェストに「小籠包」とか出るし(「小籠」って確かにこごめって読めるけども)、ちゃんと「こごめ餅」で検索してもクックパッドは出ても成り立ちに言及されたものは少ない。どうやら福井や奈良にルーツがあるらしいのだが、いったいどこまでメジャーなんだろうか。

知ってるよ!おいしいよね!と言う人、なにそれおいしいの?と言う人、はてなの引用スターやブクマなど何らかの方法でお知らせいただくと、すごーく嬉しいです。

広告を非表示にする