SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

夏休み明け、学校に行きたくない子どもたちへ。

気が付けば、来週はもう9月である。

f:id:superexp221:20160825202549j:plain

もしかしたら、もう既に夏休みが終わって2学期が始まっている学校もあるかもしれない。そういえばこの間駅の電光掲示板でどっかの学校の2学期が始まった、なんてニュースを見かけた。夏休みと言うのは思っている以上に短いものである。

既に2学期が始まった子どもたちも、夏休みがあと1週間の子どもたちも、みんながみんな2学期を楽しみに思ってる訳がないと思っている。中には、1学期毎日毎日とてもしんどい思いをしながら学校に行っていた子もいるだろう。そんな子たちにとって、2学期のスタートは再びつらい日々が続くことを意味している。

そんなときは、迷わず自分が信用することのできる大人に「学校に行きたくない」と相談してほしい。学校は、そこまで無理をして通う場所ではない。
 

なぜ、学校に行きたくない?

僕は中学校のとき、ほとんど学校に行かなかった。

クラスの同級生と仲良くなかった、というのもあったけど、今にして思えば黒板と相対するようにずらっと椅子と机が並ぶ環境とか、あの学校の雰囲気が苦手だったんだと思う。こんなふうに、世の中に「学校に行きたくない」理由は、学校に行きたくない人のぶんだけある。

友達がイヤだ。先生がイヤだ。給食の時間がイヤだ。なんとなく行きたくない。

もしかしたら自分でも気づかない理由があるかもしれない。例えば朝起きるのがしんどいのも、過度な夜ふかしをしているならともかく「明日学校行きたくないなあ」と言う気持ちがそうさせている、ということもあるだろう。じゃあ、何故学校に行きたくないのだろう?

どんなささいなことでもいいから、自分の「学校に行きたくない」理由を、まずは紙に書き出したりして整理してみよう。
 

「義務教育」は、必ず学校に行かなきゃいけない訳ではない

時々、学校に行きたくないと言うと「義務教育なんだから行きなさい」と言う人がいる。僕も何度か言われたことがある。

しかし、「義務教育」はあくまでも「大人が子どもに適切な教育を施す義務がある」ということであって、「子どもは必ず学校に通わなければならない」と言っている訳ではない。あくまでも子どもが教育を受けるのは「権利」なのだ。
(参考:不登校は義務教育違反? 〜不登校のひろば by 東京シューレ

ちょっと話がむずかしくなったが、とにかくこれを読んでいる学校に行きたくないあなたは、何も考えずに学校を休んでも良い。むしろ、本当に学校に行きたくない、学校に行くぐらいなら死んだ方がマシだ、と思いながら通っているのならば、今すぐにでも学校を休んだ方がいい。

今の時代は、もしも小中学校で不登校だったとしても高校を卒業できるし、大学に行くこともできる。もちろん大なり小なりハードルを乗り越える必要はあるけど、ちょっと1日息抜きに休んだり、本格的に学校に行かなくなったとしてもそれなりに生きる道はある。

学校を休むことが、自分を守ることにつながるのだ。

学校に行きたくない子どもたちには、決して「しんどい思いをしながら学校へ行く」ということにこだわらずに、しんどかったら休んでいいんだ、という気持ちを心のどこかに持っていてほしいな、と思う。
 

大人の方へ:まずは、話をじっくり聞いてあげる、ということ。

いきなり我が子やなんらかで関わる子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら、そりゃびっくりするだろう。しかし、夏休みなど長い休みが明けたときに不登校がぐっと増えるという傾向もあり、今の時期は特に注意が必要な時期とも言える。

突如「学校に行きたくない」と言い出した子どもは、それまでずーっと、ひとりで戦い続けてきた。左フックを受けようと、ストレートパンチを食らおうと、ボロボロになるまでひとりで戦い続けてきた。そしてようやく、「誰かに助けを求める」というガードを繰り出すことを覚えたのだ。

そんなボロボロな姿の子どもたちを、何も言わずに「戦ってこい」と無言でリングに送り出すなんて、僕にはできない。

もしも何ラウンドも戦っている子どもがいるのなら、そんな戦って戦ってボロボロになった子どもたちの話を、まずはよく聞いてあげてほしい。そのうえで、例えば「朝起きられないのが辛いから学校に行きたくない」と子どもが言っても「怠けるな」などと怒らないで一旦飲み込んでほしい。

だって、大人でも憂鬱な仕事がある日の朝にスッキリ目覚められる人の方が少ないのに、毎朝嫌な思いをして学校に通う子どもがスッキリ目覚められるわけがない。どうして朝起きられないのか、どうすれば起きられるようになるか、それが分からない限り子どものモヤモヤが晴れることはない。

大事なのは、「学校に行きたくない」と言う子どもの気持ちを否定しないこと。いっしょに考えた上で、やっぱり学校に行った方がいいのか、2~3日休んだ方がいいのか、「子どもを守る」ための選択肢を提示してあげたい。

もちろん、大人も「ひとりで抱え込まない」のは一緒。学校の先生や専門家はもちろん、信頼のおける身近な友達に相談するのも良いかもしれない。家族じゃない誰かも加担して、はじめて子育ては成立することを、僕は今のNPOの仕事を通して学んだ。

なんか子どもの顔が暗い、ご飯が喉を通っていない、眠れていない気がする、どんな些細な事でも子どもの様子がどうもおかしいと気が付いたら、いつでも手を差し伸べる準備はしておいたほうが良い。それが八方塞がりでじっと耐えるしかないと思っている子どもたちを救う第一歩だと僕は思う。

広告を非表示にする