SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

2018秋・暑すぎる東京3days2日目:東京のド真ん中で拝んだ「ミスターどうでしょう」

(1日目のつづき)

2日目

ふて寝にしては寝過ぎてしまった。気がつけば8時半。大慌てで支度してチェックアウトする。

昨日いたお兄さんは帰ってしまったらしい。オーナーさんに「あのお兄さんによろしく伝えてください」とお願いしてゲストハウスをあとにするが、ここでまた痛恨のミスを犯していることにまだ気付いていない。
 

鶯谷→東京

このゲストハウス、近いのは上野駅ではなくひとつ北の鶯谷駅だった。ということで今朝はここからスタート。

f:id:superexp221:20181219220616j:plain

まずは東京駅で久しぶりに赤レンガ駅舎を撮るも、朝の時間は逆光で大した成果もなく。

f:id:superexp221:20181219220624j:plain

八重洲の方をしばし散策。やけに川崎フロンターレのサポーターとすれ違うなあと思ったらどうやらこの日はアウェーでアントラーズ戦だったらしく、鹿嶋行きの高速バス乗り場が両チームのサポーターで入り乱れていた。
 

東京→新宿→原宿

ここで話を前の日の夕方に戻す。

氷イチゴを食べながら北海道フェアのパンフを眺めていると、こんなものを見つけた。

f:id:superexp221:20181219220621j:plain

へぇ、onちゃんステージもあるんだ、でも時間まったく合わないなあ・・・と思った右に、見慣れた顔が載っている。おお、ミスターもトークショーするのか、いつ・・・

・・・え、明日の昼12時?

なにしてるっけ。いや予定は決まってない。夜はマリンだけど、千葉なんて午後移動でも余裕で間に合う。それに、中学生のころからテレビの画面で拝み続けた「ミスターどうでしょう・鈴井貴之」を生で拝めるチャンスなんて、もしかしたらもう二度とないかもしれない。

というわけで、ここにまさかの「2日連続北海道フェア」という予定が確定してしまった。

f:id:superexp221:20181219221002j:plain

どのみちミスター目当てに、どうでしょうバカが代々木公園イベントステージに殺到するのは目に見えている。ここは大都会東京だ。そんじょそこらの混み具合ではないだろう。中央線で新宿まで出て山手線に乗り換える、やや面倒だが最速ルートで急ぐ。

♪ほんとはー 渋谷もー 原宿もわからーないー とSHISHAMOの『明日も』が頭の中にリフレインするころ、山手線は原宿にすべりこむ。さあ、ここからいよいよ戦場だ。少しでも近くでミスターを見るべく季節外れの陽気の中を急ぐ。

f:id:superexp221:20181219220627j:plain

さすがに着席はできなかったが、それでも人垣にはならない通路のあたりの立ちスペースを確保できた。ちなみにミスターのステージが始まる45分前でこれである。

f:id:superexp221:20181219221005j:plain

せっかくなので北海道フェアでランチも済ませることにした。

北海道にしかない「みよしの」という餃子チェーンの餃子カレー。買ってる横で、知らないお兄さんが「えっ?みよしのあるじゃん?餃子カレーもあんの?すげえじゃん!ひとつちょうだい!」と、やけにテンション高くカレーを買っていた。

どう食べるべきか悩んでいると、同じくミスターのトークショー目当てに合流したロッテファンの友人(北海道民)がカツカレーの要領で食べれば良いと教えてくれた。食べてみると、なんじゃこれめっちゃ美味いやん!

たぶん、餃子に合うようにカレーの味も調節されているのだろうなあと思った。そのへんのカレーに餃子をトッピングしてもこれは違う気がする。というか、北海道民はこんなものをいつでも食べられるのか。いつでも食べれるらしい道民の友人も、サッポロクラシックとともに餃子カレーを食べていた。

f:id:superexp221:20181219220955j:plain

さて、ミスターのトークショー

開始3分前に「写真撮影はご遠慮ください」とアナウンスされて露骨にガッカリする雰囲気が漂う中、「みなさん、どうもぉぉぉぉぉーーー!!!」と登場した瞬間ガラリと雰囲気を一変させ、どうでしょうバカ(自分含む)たちをいっぺんに引き寄せるのだからミスターはすごい。

北海道の空でもイメージしたのだろう、紺色のジャケットに青のシャツという出で立ちのミスターは、生で見ると本当に若々しかった。写真よりもイケメンだった。藤村Dのおっかさんが「ミスターハンサムだね!!」と言うのも、たいへんよーくわかった。

今回は「ミスターどうでしょう・鈴井貴之」という立場の登壇ではないにも関わらず、「こないだどうでしょうの新作撮ってきたんですけどー」とどうでしょうの新作裏話までたっぷり披露してたのは最高にアツかった。途中からミスターぶっちゃけすぎ!とすら思ったほど。

散々東京の暑さに悪態をつき、もちろん「じゃんじゃんこのイベントで食べて!」「お腹いっぱいならそこの公園でランニングすりゃいいじゃないの!」と北海道も存分にPRしたミスターは、どこまでもさわやかな印象を振りまきながら、ステージを降りていった。

終わって即座にHTBブースに30分並び、onちゃんカレンダーを買ったのは言うまでもない。ちなみに同じことを考えたどうでしょうバカがざっと100人以上はいた。というか、前の日買っときゃ良かった。
 

代々木公園→永田町→新木場→海浜幕張

f:id:superexp221:20181219220959j:plain

こうして根元俊一引退試合を観に行ったわけです。


海浜幕張→南船橋西船橋秋葉原→日暮里

最初出てきたこの乗り換え経路に「なんじゃこりゃ面倒臭えなあ」と思ったが、よく考えりゃ舞浜駅から乗ってくる某夢の国帰りの客も、東京駅の長すぎる乗換通路をも回避する超ナイスな乗り換えルートだと気づく。西船橋までは別のロッテファン仲間が一緒だったので心強かった。

もうホテルが取れるような時間もなく、考えるのも面倒なのでいつも使う日暮里のネットカフェに行くことにした。途中、また夕食を取りそびれていることに気が付き、球場で「日高屋のえび味噌つけ麺が超うまい」という話題になったことを思い出して、2日連続の日高屋に入る。

が。

スミマセン、もう取り扱っていなくて・・・

f:id:superexp221:20181219220613j:plain

まさか前日に引き続いて日高屋の中華そば2連投になるとは思わなかった。ちなみに、大盛りじゃないという違いはあるが。

さらに入ったネットカフェで、朝やらかした痛恨のミスに気がつく。

この翌日、目星をつけていたある温泉で入浴するつもりでいた。で、荷物を整理して、身体洗い用のあかすりタオルをカバンの取り出しやすい位置に・・・

あれ?

探してもそのタオルがない。洗濯物といっしょにまとめたっけ?と袋を覗いてもない。確かに昨日ゲストハウスのシャワーで使ったし、それを自分のスペースまで持ち帰tt・・・と考えたところで気がついた。

ベッドに干しっぱなしだ。

正直、100均のタオルなので、気づかなかったことにして処分を依頼する手もあった。が、それはそれで明日100均を探し同じあかすりタオルを探す必要がある。これが最高に面倒くさいので、明朝一番でゲストハウスに連絡をとって引き取りにいくことにした。

(3日目につづく)