読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SH Diary.

かつて不登校だったひとが野球や遠出、日常とたまにちょっとまじめなことを書いてます。

プロ野球チップスのカードで大富豪とポーカーができる

先日の京セラドームでの試合には、いつものように開門の数時間前に到着して、ファン仲間と野球談議しながら時間を過ごすことにしていた。ところがドームに到着すると、いきなり数枚のカードを手渡された。全部、プロ野球チップスのおまけについてくる野球選手のカードだった。

聞けば、ちょうどいまからこれで大富豪をやるらしい。なんでこんなにプロ野球チップスのカードがあるのかというツッコミは置いといて、いいじゃないですかやりましょう。

f:id:superexp221:20150417072642j:plain

このプロ野球チップス大富豪の大まかなルールは以下の通りである。

  1. その選手の背番号の大きさで強いカードが決まる。ちなみに背番号「0」(ex.阪神の大和)は最強。
  2. 同じチームの選手が2連続で出てきたら「縛り」。そのチームの選手しか出すことができない。
  3. 同じ背番号の選手なら同時に出しても良い(ex.「1」の陽岱鋼松井裕樹は同時に場に出せる)。
  4. 背番号の末尾が8の選手(ex.「8」の今江敏晃、「18」の三浦大輔、「28」の新井貴浩)は「8切り」で流せる。
  5. カードリストのカードが出たら革命。背番号が小さいほど強くなる。なお背番号「0」の選手が最弱と化す。

で、これが、けっこう難しい。考えてみればうちの加藤翔平は「65」だし、もっと上だと広島のロサリオが「69」なので、このあたりのカードを切るタイミングに大いに迷う。そしてカードリストが出たらもれなく革命なので、そうなると今度はロサリオや加藤翔平が一気に弱いカードと化す。

結局2度参加して、1度目は貧民。2度目に至っては2度の革命のおかげで「8」の西川遥輝を使うタイミングを完全に逸し、まんまと大貧民になってしまった。って言うか、みんな強すぎ。
 

プロ野球チップスのカードでポーカーをしよう

ある程度大富豪が終わったところで「これでポーカーできませんかね?」という声が上がった。いいじゃんやってみようよ、ってことで今度は全員にカードが5枚支給される。

f:id:superexp221:20150417072643j:plain

ルールは簡単、渡された5枚で何か役を作るだけ。ちなみにカードチェンジは2度まで。トランプと違い、プロ野球チップスのカードは情報量がたいへんに多いので、役が無限大に広がる。

で、上の写真の手札。まず中田翔のワンペアは確定だが、内海哲也宮西尚生、この2人は関西出身の選手なのでもしかすると関西出身ですべてのカードが揃えられるかもしれない。そこで静岡出身の石川雄洋をチェンジし、1枚引いてみると・・・同じDeNA久保康友が出た。狙い通りの関西出身!

これで関西出身で5枚固めたで!とひとり雄叫びを上げたその瞬間、中田翔大阪桐蔭出身なだけで出身地は広島県だったことに気が付いた。中田翔と関西出身選手のフルハウスなことに間違いはないが、結局負けてしまった。

このあとも、加藤翔平松坂大輔吉村裕基身長183㎝のスリーカード、とか役を作ったがパッとせず。岸孝之と西田哲朗という2人の身長180㎝の選手を含めた5枚を総とっかえしたら、身長180㎝の選手が3枚当たってしまい、捨ててなければストレートフラッシュ・・・なんてこともあった。

このポーカーは前述のように役が無限大なので、どうかすると「全員パリーグからセリーグへ移籍した選手」という役も作れる。つまり、プロ野球選手に関する知識があればあるほど変な役を作れる、ということだ。ちなみに最終的な勝敗は「ゲームマスターが一番面白いと思った組み合わせ」なので、もはや大喜利である。

というわけで、たんまりとプロ野球チップスのカードをお持ちの方、こんな遊び方はいかがでしょう。野球好き同士で集まれば、盛り上がることこの上なしですよ。

広告を非表示にする