SH Diary.

旅行記、ときどき野球。

地理の教科書でよく見る三重県めぐり【前編】

18きっぷの残り1枚の使い道がなかなか決まらない。いつもなら四国とかへ行くのだが、近いうちに四国へ行く予定ができたので、だったら別の場所に行ったほうがいいな・・・と思案していたある日、そういえば三重県って18きっぷであんまり巡ったことないなあと…

日本史の教科書でよく見る京都めぐり・後編

前編はこちら↓ 前編終了後、あらためて教科書の内容を整理しつつ授業構成を考えていたら、前編で撮りそびれた「六波羅探題」「二条城」(大政奉還)以外にもちょこちょこ資料として写真がほしい場所が出てきた。というわけで前編の1週間後、再び京都駅から1…

日本史の教科書でよく見る京都めぐり・前編

2021年度、それまでの1校に加えてもう1校新たに非常勤講師として勤務校が増えることになり、その学校では日本史を受け持つことになった。実はそれまでは世界史か地理しか教科担任をやったことがなく、教員4年目にしてはじめての日本史である。日本史の教科書…

2020秋・湘南はじめて物語

2020年の秋、鎌倉をめぐる1日ツアーに申し込んだ。横浜の中心部はもう何度も足を運んでいるが、意外と鎌倉や湘南あたりって行ったことがない。ツアー集合時間の都合上前泊する必要があったので、それなら前日からたっぷり巡っちゃえ!と段取りを組むと、思っ…

東京・埼玉YOASOBI&SUSURU聖地巡礼ツアー【2日目】

1日目はこちら↓ 新宿三丁目→渋谷 翌朝、やりたいことがあり、傘と貴重品だけを持ち新宿三丁目の駅から副都心線に乗る。カバンを持たずに朝の東京の地下鉄に乗るというのは、なんとなしのスリルがある。そして実はこれが2つ目のYOASOBIポイント。降りたのは渋…

東京・埼玉YOASOBI&SUSURU聖地巡礼ツアー【1日目】

2月に参加予定だった団体旅行が、コロナ禍で旅行そのものがキャンセルになってしまった。正直な話、この旅行をモチベーションに仕事をやっていたところもあったのでものすごくガックリ来てしまい、感染拡大がなかなか止まらない状況だが個人手配で無理やり旅…

2021秋・どこでもきっぷで西日本右往左往2000km【3日目:北陸編】

1日目はこちら↓ 2日目はこちら↓ 博多から山陰経由で京都にたどり着いたのが2日目の23時半。これで移動終了、と思いきや実は博多からの「片道移動」がまだまだ続いている。 京都→金沢→糸魚川 3日目、京都から乗ったのは朝イチの「サンダーバード」。初日は九…

2021秋・どこでもきっぷで西日本右往左往2000km【2日目:山陰編】

1日目はこちら↓ 8時前に博多を出る新幹線に乗らなきゃいけない、つまり遅くとも7時に起きる必要がある、でも昨夜は23時半に「ウエスト」でうどん食べちゃった、という状況ながら、目が覚めたら6時20分だった。こういうときに普段出勤日に6時半に起きる生活リ…

2021秋・どこでもきっぷで西日本右往左往2000km【1日目:山口・九州編】

昨年、JR西日本が「どこでもドアきっぷ」という、九州四国も含めた上に新幹線や特急まで乗り放題で土休日使用18000円という、もはや狂気の沙汰じゃないかとしか思えないきっぷを売り出していた。しかし、このきっぷには、「2人以上での使用」という何気に厳…

甲子園で、「令和の怪物」のプロ初勝利を観た

2年ぶりのプロ野球セパ交流戦。今年こそは昨年叶わなかった「鳥谷さんの甲子園凱旋」を鳥谷の00番を着て絶対絶対観るぞ!ということで、関係各所の尽力もあり甲子園3連戦の3戦目のチケットを入手することができた。そしたらそれが、これ以上ないメモリアルな…

高知でカツオと寿司に泣かされた話

先週、1泊2日で高知にいってきた。実に9年ぶりの高知。目的は野球。日本プロ野球全体を見渡しても今年初だった有観客試合が、よりによって高知での西武×ロッテ戦。十中八九無観客だろうと思っていたところ、なんと試合の10日くらい前に有観客とアナウンスさ…

新幹線の窓際には絶対に切符を置いちゃいけない

この間横浜へ行くのに新幹線に乗ったのだが、いろいろあって「ぷらっとこだま」のグリーン車を使うことになった。人生初の新幹線グリーン車とあって乗る前の京都駅の時点で妙な浮かれ気分があり、せっかくコンビニに立ち寄ったのに手土産と、あとなぜか龍角…

アジャの涙に、優勝への希望を見た

苦しかった。しんどかった。辛かった。岩下の感染から端を発した「ロッテ、新型コロナ陽性者複数」の衝撃。蓋を開けてみれば選手では角中、清田、荻野、鳥谷のベテラン勢にショートのレギュラー藤岡、今年大きく出番を増やした菅野、内野の便利屋三木が陽性…

20代最後に最高峰の讃岐うどんと温泉に浸かる

18きっぷが1回分あまっている。そして仕事が忙しい上、強い台風が迫っている。いろいろ考えるとこの土曜に18きっぷを使わないと使えずに有効期限が切れることが発覚したので、土曜日はそそくさと家を出る。そういえばこれが20代最後の18きっぷ旅だ。この夏の…

ワーケーションっぽいことをやってみる in 奈良

前の週末に講演依頼があって、数日前から資料作成に没頭していたがいまいちノッてこない。もとから家で作業するのにあまり向いていないのだが、一方でカフェなどで作業するとなぜかよくはかどる。ということで、いつか勝間和代氏の著書で読んで、かつ最近や…

「そうだ、『さわやか』に行こう」

お盆休みの早朝6時45分という時間に目が覚めてしまった。今日は仕事の日でもなく、予定も22時からZoomの定例会のみ。それまで半日以上どう過ごす?寝ぼけ眼のベッドの上で出た結論が、このエントリのタイトルである。片道5時間くらいかけて静岡まで出向き、…

観客5000人制限、いまプロ野球の球場で何が起こっているか(+その中で観戦した感想)

野球を観に行ってきた。というのは、8月半ばまで変則的に「同じ球場で6連戦」という日程が組まれた今年のパリーグにおいて、我らが千葉ロッテマリーンズが大阪で試合をするのが今週だったからだ。で、最初は「まあ別にいいか」と思っていたのだが、月末の大…

鳥谷が2割5分打ってたら阪神は絶対手放していない。だからこそ求めているものがある。

通算2085安打。13年連続試合出場。関西人なら誰でも知ってる、阪神のレジェンド。一昨日書いたレアード以上に来るとは思わなかった選手がこの春、千葉ロッテマリーンズにやってきた。10年ぶりくらいにスポーツ紙を買った。というかデイリースポーツを狙い撃…

待ち望んでいた、「スシ」

あれは、昨年の3月末だったか。働いていた職場の初年度の仕事が終わり、何かちょっといいものでも食べようと近所の回転寿司屋に出向いた。折しもその日は2019年のプロ野球開幕前日だった。我らが千葉ロッテマリーンズのその年の補強の目玉といえば、1にも2に…

「まったくつながらない」水曜どうでしょう2019最新作第1夜第2夜の考察

クリスマスの夜、「水曜どうでしょう」2019年最新作がついにはじまった!正直な話、前の週にあった京都大丸の北海道物産展でonちゃんと触れ合った余韻がまだまだ抜けきれないし、なんならABC(朝日放送)で1月下旬から放送開始するアナウンスもあったのでま…

この結果を、黙って受け入れなければ来年の優勝なんてない。【2019年千葉ロッテマリーンズ総括】

9月21日、京セラドーム大阪。3位楽天と熾烈にクライマックスシリーズ(CS)を争う4位の我がロッテ。しかしこの日もオリックス先発山岡を打ちあぐね2点差をつけられ、最後は一発出れば逆転の場面でレアードが三振で試合終了。その瞬間、レフトスタンドを埋め…

平成最後の18きっぷダイジェスト―名古屋とうどんと、桜と日本のマチュピチュ

この春、久々に18きっぷを買ったのだが、年度末進行で仕事も忙しく、単発で5日間使うことになった。いちいち1記事ずつまとめを書くのも面倒なので、今回はダイジェスト版を持って平成最後の18きっぷ使用レポートをまとめておく。 1回目 3/2 久々の名古屋。そ…

なにやってんだよ、瀧さん

昨日は、本当にひどい1日だった。朝、前の日買ったバナナを手にとったら早くも身が黒くてグジョグジョだった。玄関で靴を履こうとしたら、靴箱の戸が思いっきり外れた。そして出て10分で財布を忘れたことに気がついて家に戻った。しかもそんなときに限って何…

2018秋・暑すぎる東京3days3日目:ツイてなさすぎ静岡珍道中

(2日目のつづき)さあ、朝から面倒なことになってしまった。さっと東京を離れるつもりが忘れ物のタオルを前の夜泊まったゲストハウスに取りに行かなければならない。そしてこういう日に限ってやけにスッキリと6時に目が覚める。今度は忘れ物もなく荷を片付…

2018秋・暑すぎる東京3days2日目:東京のド真ん中で拝んだ「ミスターどうでしょう」

(1日目のつづき) 2日目 ふて寝にしては寝過ぎてしまった。気がつけば8時半。大慌てで支度してチェックアウトする。昨日いたお兄さんは帰ってしまったらしい。オーナーさんに「あのお兄さんによろしく伝えてください」とお願いしてゲストハウスをあとにする…

2018秋・暑すぎる東京3days1日目:8年ぶりの明治神宮とゲストハウスの悲しい顛末

いまさらのように2ヶ月前の旅行記を書き始めてみる。根元俊一引退試合を観に千葉へ乗り込んだ10月の3連休。深夜バスで弾丸往復も考えたが、東京でやりたいこともあったので、「秋の乗り放題パス」なるJRの切符を使うことにした。要は「3日間連続で使う必要の…

安らかに、アチャ。―ベネズエラが生んだナイスガイの訃報に接して

「元ロッテ・カスティーヨ選手、事故死」夕方、職場でちょっと調べ物をするのにYahoo!を立ち上げようとしたらそんな文字列が目に入り、思わずほかの同僚に心配されるほど「えっ!」とたじろいでしまった。https://www.sanspo.com/baseball/news/20181207/npb…

「俺たちと、このチームで、いつまでも。」―ロッテ・根元俊一引退試合観戦記

かれこれ野球観戦の趣味を持ち始めて干支がひと回りしたが、「引退試合」というものを観たのはこれまでただ1度きりだった。ロッテファンになってはじめてグッズを買った選手、サブローが引退試合をすると聞けば、もう何が何でも現地で涙を流さない選択肢なん…

「ヤスダ」の衝撃―ドラ1ルーキー・安田尚憲プロ初スタメン観戦レポート

昨年のドラフト、ロッテはかの早稲田実業の清宮幸太郎をクジで外し、やはり超高校級バッターである履正社の安田尚憲を外れ1位クジで見事引き当てた。「清宮で惨敗するなら、最初から安田行っときゃ一本釣りだったじゃないか!」と嘆いたロッテファンは、これ…

ドキュメント3000文字:23年ぶりの震度5

月曜の朝、7時55分。1時間後には電車に乗ってなきゃいけないことを考えるとそろそろ起きなきゃいけない。うーん、朝飯食うかー、と思い身体を起こした、その瞬間だった。ズドドドドドドド・・・・・・・なんだなんだなんだ!?考えるすべもなく再び僕の身体…